人材紹介情報サイト イーキャリアFA > 転職ガイド > おシゴト法律相談所 > 給与・賃金体系について > 「みなし労働時間制」だと残業代は出ないのでしょうか?

「おシゴト法律相談所」では…

労働条件や入退社、税金・保険についてギモンを覚えつつも、「デリケートな問題だから気軽に相談できない」「労働基準法は難しくてわからない」とお困りの方のために、法律のプロが仕事にまつわるギモンを解決します!

給与・賃金体系について

給料、ボーナス、残業代などを決める給与システムはどのようになっているのか、気になるお金の問題はここで解決しよう!

「みなし労働時間制」だと残業代は出ないのでしょうか?

みなし労働時間制とは、主として社外で働いていたり、業務の遂行について労働者の裁量に委ねる必要があるような場合で労働時間を把握することが困難なときに、一定の時間労働したものと“みなす”制度を指します。会社に不在のことが多い営業職などに適用される「事業場外労働のみなし労働時間制」や経営・企画業務などホワイトカラー層を対象とする「企画業務型裁量労働制」、取材・編集や研究開発などの職種に適用される「専門業務型裁量労働制」があります。

また、この制度ではあらかじめ労使協定等によって「1日○時間働いたものとみなす」ことになります。つまり、実際に労働した時間が定められたみなし労働時間以上でも以下でも、その時間労働したことになりますので、みなし労働時間が会社の所定労働時間を超えて設定されている場合には、その分残業代(8時間を超えれば割増賃金についても)がもらえますし、深夜労働や休日労働があれば、その分割増賃金等が別途支払われることになります。

みなし労働時間が法定労働時間を超える場合、残業代に相当する分の固定手当を支給しているケースが多く見られます。そのような場合は就業規則等にその旨を記載する必要がありますので、内容を確認してみるとよいでしょう。

給与・賃金体系について 一覧に戻る

時間外労働、深夜労働、休日労働の賃金について教えてください

「年俸制」には残業代やボーナスも含まれるのでしょうか?

基本給と固定給の違い、月給制について教えてください

会社が倒産すると給与や退職金はもらえなくなるのでしょうか?


気になるキーワードでギモンを解決!

労使・労働問題(トラブル)について・・・労働問題・トラブル労使トラブル・問題

雇用・労働契約、条件について・・・労働・雇用契約 労働・雇用条件

退職手続について・・・退職手続退職時、退職後手続

入社手続について・・・入社手続

【免責事項】
社会保険労務士による回答は、法律的な観点から導き出しているとはいえ、あくまで一般的なものになります。ご質問内容の具体性・判例・法律改正などによって、お答えした内容と相違が生じることはありえますので、予めご了承ください。また損害等が生じた場合、当社では補償いたしかねますので、ご自身の自己責任と判断のもとでご利用いただきますようお願い申し上げます。