合同会社未来共創

求職者の職業人生、そしてプライベートも豊かであって欲しい。求職者の皆さんには、家族(兄弟姉妹や我が子)に対する思いやり第一でご支援いたします。

  • オープン・Web系
  • 営業・渉外・MR
  • バックオフィス関連
  • ソフトウェア・情報処理
  • インターネット・Webサービス
  • 通信・キャリア

人生100年時代を生き抜くにあたり、欠くことのできない変化への対応と、キャリア戦略策定について、丁寧にアドバイスをいたします。

 テクノロジーの進歩や社会環境の変化、終身雇用と年功序列の崩壊に伴い、現在の仕事をこのまま続けていくことが難しくなっています。この変化に気づき、自分でキャリアデザインを進める若手ビジネスマンからミドル・シニアマネジメント層を対象にご支援します。
 真摯にビジネスに向き合うビジネスパーソンほど、会社組織に自分のキャリアを預けていてはいけないと気づいています。このまま同じ仕事を続けても自分は成長するのか、将来への不安は拭えません。技術変化の激しいIT業界で、長年働いた経験を持つコンサルタントが、キャリア戦略の策定をご支援します。
 初めて外資系IT企業を転職先に考えている若手ビジネスパーソンの方は、是非ご相談ください。外資系企業で20年勤めた経験に基づいて、懸念されていることを一つずつ具体的に説明し、的確なアドバイスを行います。


求職者のメリット

 ・ ご家族(兄弟姉妹や我が子)に対する思いと同じ慈しみを第一に、ご支援いたします。
 ・ 応募用の書類を、求人企業様毎の内容に作りあげるまで、ご相談に応じます。
 ・ 当社が所有する求人情報からご選択いただき、一度に複数の求人企業様へ、応募ができます。

会社概要
設立 2019年11月
資本金 500万円
代表者 一井 剛
厚生労働大臣許可番号 13-ユー311820
紹介事業許可年 2020年2月
従業員数 法人全体:1/転職アドバイザー数:1
住所 〒175-0094
  東京都板橋区成増3丁目24番10-411号
URL http://www.selfcareerdock-miraicc.com
事業内容 ・セルフキャリアドックの導入と定着支援
・有料職業紹介と再就職支援サービス
・各種コンサルティング
・業務請負、業務代行及び外注サービ
・人材育成及びキャリア形成支援サービス
・情報処理サービス業及び情報提供サービス
・講師業及びセミナー
紹介事業所・拠点

東京都

住所 成増3-24-10-411MAP
最寄駅 東武東上線「成増駅」より徒歩3分、東京メトロ「地下鉄成増駅」より徒歩5分
TEL 09034390874
FAX 03-5383-0634
担当者 一井 剛
Mail tichii@selfcareerdock-miraicc.com
主なご紹介職種

①IT/通信/インターネット
弊社が最も力を入れている業界の一つが、IT/通信/インターネット業界です。毎年、新しい技術が発表、製品化され、世の中を激変させている業界です。この業界で営業、エンジニアとして36年間勤めあげたコンサルタントがアドバイスをいたします。業界の独特な文化や習慣についても詳しく情報提供ができます。日々の活動から顧客折衝まで、些細なことについても情報を提供ができます。

②外資系企業
外資系企業ってどんなところだろう。労働条件や労働環境がどうなっているのだろう。外資系企業を転職先として考えている方は、気になる点がたくさんあるかと思います。外資系企業3社で20年間勤務したコンサルタントが、「外資系企業での働き方」を自身の経験や知見を交えてサポートいたします。「外資系企業の渡り方」もご紹介いたします。

③営業職
顧客に商品やサービスの利点などを説明して意欲を沸かせ、購入を促すのが営業職の主な業務です。店頭で物を販売する仕事との大きな違いは、潜在化している要求を顕在化し、想定できる課題を解決し企業に大きな価値をもたらすことができる点にあります。法人営業、代理店営業、販売企画・促進に関して、日々どのような活動を行うのか、詳しくご紹介ができます。エンジニアから営業職へ職種変えを考えている方も是非ご相談ください。

④管理部門
総務、人事、経理、財務の仕事は、すべての会社に必要な役務です。しかし、その企業がスタートアップか、拡大・成長時か、会社の状況に応じて「真の仕事の内容」は変わります。求人票に記載の、「新卒採用」や「キャリア採用」の役割だけでは、企業の目指す方向が分かりません。営業等。直接売上利益を貢献している部門の動きをとらえることで、管理部門の立ち位置が分かります。営業経験者だからわかる「ニオイ」の嗅ぎ方をご紹介いたします。

コンサルティングの内容

変化への対応、キャリア戦略策定について

 30年後、あなたは何をしていますか。私たちは、これから人生100年時代を生きて行くことになります。そのため70歳まで働き、退職してからも相当の時間を過ごすことになります。長寿大国日本で、生き抜くための現実的な方法の一つは、できる限り働き続けることと言っても過言ではありません。そのために、社会や環境の変化に応じて柔軟に働き方を変えていく変幻自在なキャリアを実践する必要があります。

 一方、終身雇用や年功序列といった、企業が従業員を守るルールは崩壊しています。企業の経営不振により大量の従業員が解雇されたり、成果主義により辞めさせられる事例が後を絶ちません。決して、「対岸の火事」ではなく、いつ自分に降りかかって来てもおかしくないことです。

 業務の量・質ともに著しく変化している環境の中で、個々のビジネスパーソンにとっては、自分の望む仕事と現実のギャップが生じています。そのため、今と同じ仕事を続けていくことが難しくなっています。また、これまでと異なる仕事へ転職することに、様々な不安や不満を感じます。仕事に真摯に向き合うビジネスパーソンほど、悩みは多いのではないでしょうか。

 これからの長い人生を生きるビジネスパーソンは、自分のキャリアを会社や組織といった他人に委ねるのではなく、自分で決めていくこと。それを理解した上で、自ら行動して、自分の人生を自分の力で豊かにしていくことです。

 弊社は、このような社会変化に対応するために、何らかのキャリア形成の必要性を感じている転職希望者の方へ、キャリアビジョンやスキル、仕事内容に関する悩みなど、多様な働き方について、特にIT業界で長年経験したコンサルタントから的確なアドバイスを行います。

 人生100年時代を生きる方に、キャリアを自分で作るための「一生のパートナー」となれると考えております。


キャリアは自分で育て形成するもの

会社組織の中で働いていると、自分のキャリアについて意識しなくなります。それは、組織がキャリアを守り、新たなキャリアを用意してくれると考えるからです。しかし、そのような時代は終わりました。
 昨年、日本の経済界では、超大手企業のトップが「終身雇用を維持できない」との発言を相次いで発表しました。一方、政府は70歳までの雇用を求めています。今後の方向性を理解した上で、自分のできることで対応していく方法を練ることが必要になります。
 キャリアは、個人が自己満足のために選択し、探求するものと意義づけられます。個々人のキャリアは自分で計画して、自分で形成していくしか方法はありません。


キャリアは生涯を通じた全過程である

近年、一つの企業の中で、昇進や昇給によって上昇する直線的なキャリアに当てはまらない経路をたどる人が増えています。一つの組織で働いて、思い通りの昇進ができなかったり、転職してもうまくいかなかったりすることもあります。
 これから先、直線的なキャリアのモデルではなく、一時的に力を貯め込んで、あるとき一気に貯えた力を放出するモデルに変わります。つまり、組織の中での昇進・昇給という客観的な評価を受けなくても、その過程がキャリア形成の「蓄積」と捉えることができます。
 キャリアが職業経験であると考えるのではなく、様々なライフイベントなどを含んだ時間的な経過や、個人の学校、家庭などの広義の意味でのキャリアという言葉と定義できます。キャリアは結果ではありません。個人が何らかの経験を通じて能力を蓄積していく過程を意味します。それぞれのキャリアの中で技能として形成され、身につくのがスキルです。


キャリアは変化に応じて自分で変えることができる

個人を中心にキャリアを形成するには、人生100年時代の生き方と時間の使い方を考えなければなりません。社会状況は変化します。手遅れになる前に行動しなければなりません。大切なのは、「あなたが、今どうするのか」です。
 企業で働いていると、現状の問題を解決したいという思いから、どうしても目の前の問題に気を取られます。また、自分一人ではどうにもならない問題が、世の中にあることも事実です。今すべきことは、目の前の小さな問題に取り組み、力を消耗するのではなく、自分の将来を見据えて、行動することです。それを実践することで、変幻自在にキャリが形成できると思います。
 キャリアとは、成果を上げた人の軌跡を振り返って使われた言葉でした。今、キャリアはエリートを示す言葉ではありません。「キャリア」と「スキル」は違う意味です。キャリアの各段階で経験し習得するものがスキルです。ですから、キャリアは「結果」ではなく「過程」です。

この紹介会社の強み
  • ベンチャーに強い
  • 外資に強い
  • エグゼクティブ・管理職に強い
  • 未経験者歓迎求人に強い
  • 非公開求人に強い
  • 40代以上に強い

当社は、東京労働局から通知を受けた「雇用給付金取扱職業紹介事業者」です。次の3つの助成金が対象となります。

 ・特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)
 ・特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)
 ・特定求職者雇用開発助成金(就職氷河期世代安定雇用実現コース)

個人情報適正管理規程

1. 個人情報を取り扱う事業所内の職員の範囲は、職業紹介担当者とする。個人情報取扱責任者は職業紹介責任者 一井 剛とする。

2. 職業紹介責任者は、個人情報を取り扱う1に記載する事業所内の職員に対し、個人情報取扱いに関する教育・指導を年1回実施することとする。
  また、職業紹介責任者は、少なくとも5年に1回は職業紹介責任者講習会を受講するものとする。

3.  取扱者は、個人の情報に関して、当該情報に係る本人から情報の開示請求があった場合は、その請求に基づき本人が有する資格や職業経験等客観的
  事実に基づく情報の開示を遅滞なく行うものとする。さらに、これに基づき訂正(削除を含む。以下同じ。)の請求があったときは、当該請求が客観
  的事実に合致するときは、遅滞なく訂正を行うものとする。
  また、個人情報の開示又は訂正に係る取扱いについて、職業紹介責任者は求職者等への周知に努めることとする。

4. 求職者等の個人情報に関して、当該情報に係る本人からの苦情の申出があった場合については、苦情処理担当者は誠意を持って適切な処理をすること
  とする。
  なお、個人情報の取扱いに係る苦情処理の担当者は、職業紹介責任者一井 剛とする。