株式会社アイブレインズ

高田 肇

タカタ ハジメ
男性 コンサルタント歴12年
学歴 慶應義塾大学大学院医学研究科修了
経歴 農学部農芸化学出身。製薬企業での臨床開発職を経て、日米英の大学医学部・研究所にて、免疫・遺伝子関連の基礎研究を中心に、医療と教育に従事。併行して、バイオ系専門学校兼任講師を20数年間務める(現職)。専門分野は臨床免疫学、免疫遺伝学、がん免疫、臓器移植等。農学修士、医学博士(慶應大)。
 人材ビジネス業界へ転身後は自身の専門性を生かした紹介活動を行い、求職者様のご希望に沿った「即戦力性」が最大限発揮できるよう、尽力させていただいています。
求職者の立場に立って、きめ細やかな対応を日々心掛けています。

製薬企業での臨床開発職を経て、人生の大半をバイオ・医学系のアカデミアで過ごしました(医博)。その経験を後進の人生のために使ってはどうかと誘われて始めた現職ですが、ご紹介した方々から、「新しい職場で良い緊張感を持って日々充実している」、「新しい仕事を覚えるのが楽しい」などと聞くたびに、研究職では味わえなかった喜びを感じています。
 内外資系医薬品・医療機器メーカー、バイオベンチャー、食品メーカーなどを中心に、医薬・バイオ研究、非臨床・臨床開発、品質管理・保証、薬事、学術関連、食品開発等の専門職領域のお仕事をご紹介していますが、臨床医師の紹介コンサルタントとしても活動したことがありますので、医療系の分野でも皆さまのお力になれると自負しています。

コンサルティングポリシー

専門職のキャリア採用では、(未経験職採用を除き)新しい職場での「即戦力性」が最も重要視されます。

一方で求職者様には、これまでに培ってきた実務経験と資格・語学力などのスキルが最大限に活かせて、その他のご希望にも沿えることが、何よりもご満足して喜んでいただける要件だと考えています。

 それらの観点から、大手エージェンシーにありがちなAIやコンピューター・マッチングでは得られない、求職者様のご希望に寄り添った対応を日々心掛けています。これは弊社の基本的なコンサルティングのポリシーとも一致するものです。

 また、応募用のレジュメ作成に当たっては、書類選考では「レジュメが唯一の判断材料」であることを踏まえて、求職者様の実務経験とスキルを過不足なく表現できるよう、レジュメ添削のアドバイスをさせて頂いています。

得意な職種

研究・開発関連 (化学・素材・医薬・食品関連)

治験・臨床開発関連 (化学・素材・医薬・食品関連)

生産・製造技術開発・生産管理・品質管理・検査・保証 (化学・素材・医薬・食品関連)

得意な業種

メーカー(医薬品・化粧品) (メーカー)

メーカー(食品) (メーカー)

メーカー(医療機器) (メーカー)