転職
エージェント
活用
Agent

介護業界を目指す人のための転職エージェント活用術

介護業界は少子高齢化が進む日本において、今後も人材が多く求められる業界と言えます。そんな注目度が高い介護業界に転職しようと思ったときにおすすめなのが介護業界に特化した転職エージェントの利用です。転職エージェントを活用するときにどのようなメリットがあるのかをこの記事では説明していきます。

転職エージェントを活用したほうがよい理由

介護業界にて転職を行おうと考えた場合、転職エージェントを活用することでスムーズに転職活動を行うことができます。その際、介護業界に特化した専門特化型エージェントに登録しておけば、介護に関連した求人案件を多数紹介してくれるでしょう。

多種多様な介護職の中からあなたに最適な転職先を探してくれる

ひとえに介護職といってもさまざまな職種があります。たとえば有名なものとしては介護ヘルパーがありますが、そのほかにもケアマネージャーや社会福祉士、理学療法士、介護事務や施設長など、介護に携わる職種は幅広く存在します。

すでに介護業界での経験があり、現状からステップアップしたい場合は、職務内容や今後の方向性について転職コンサルタントに相談してみましょう。それにより今よりキャリアアップが図れる職場を紹介してもらうことができるかもしれません。

もし介護業界が未経験の場合でも、転職エージェントを活用すればこれまでの経歴や保有している資格から介護業界における求人案件をリストアップしてくれます。異業種への転職活動は分からないことも多く、どのようなものが良いのか個人では判断がつきにくいのが実情です。しかし転職エージェントを活用することで、豊富な情報の中から自分にとって最適な転職先の選定を行うことができるようになります。

自分ではしにくい給与交渉や条件交渉を転職コンサルタントがやってくれる

転職活動を進めていく中で、自分から切り出しにくいのが給与交渉やその他の条件交渉です。求職者からすると、給与や労働条件について交渉をすると面接時に企業側に悪い印象を与えてしまい、選考に影響があるではないかと腰が引けてしまう部分でもあります。

しかし転職エージェント経由であれば、転職コンサルタントが求職者に代わって交渉を行ってくれます。もちろん条件がすべて通るわけではありませんが、自分で行うよりも気持ち的に楽に進められるでしょう。

就業中で忙しいあなたに代わって転職活動を進めてくれる

現在就業している状態での転職活動でネックとなるのが時間の捻出です。応募先企業選びに始まり、選考先への書類の作成や提出、面接のスケジューリング、先方からの問い合わせ対応など、転職活動ではやるべきことがたくさんありますが業務時間中はそれらに対処する時間が取れず、転職活動の進め方に支障が出てくる場合があります。

しかしもろもろの段取りを転職エージェントに任せることで転職活動はスムーズに進められます。忙しい時間の中で転職活動を行うならば、転職エージェントを味方につけましょう。

転職エージェントを活用しないケースのメリット・デメリット

では転職エージェントを活用せず自力で介護業界への転職目指す場合、どのような方法があるでしょうか。どの方法にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、共通して言えることは、「自分の時間と労力をかなり使う」ということでしょう。それが面倒くさいと感じるのであれば転職エージェントを使ったほうがいいということになります。

転職サイトや企業のウェブサイトから自分で探す

インターネットで検索して、転職サイトや企業のウェブサイトから求人情報を探すメリットとしては、自分の時間がある場合に気軽に転職活動ができることです。自宅のみならず移動中の電車などスマートフォンなどを活用しながら隙間時間を有効に使えるのは大きなメリットです。

デメリットとしては、うまく検索できないと有益な求人情報を見つけられないことです。検索するキーワードを吟味し、見つけたウェブサイトの情報が最新のものなのか、すでに終了している情報なのかなどを自分で判断しなければなりません。

ハローワークや求人誌から探す

ハローワークや求人誌は求人件数も多く、職種別にまとめられていることが多いので一覧性が高いのがメリットです。それにより目指す介護業界の仕事を探しやすくもなっています。また地域別などにまとめられていることがあり、勤務地を限定したい人にも便利な仕事の探し方と言えるでしょう。

その一方、件数が多い割に求人票などは紙面に制限があり、詳細な条件が書かれていないことが多いというデメリットもあります。その場合には、自ら情報収取のために電話で問い合わせをするなどしなければなりません。また採用コストにあまりお金をかけられない企業の登録も多く、転職エージェント経由に比べると求人案件の質の面で低いことは否めません。

知人に紹介してもらう

知人の紹介は選考に進む確度が高い転職活動の方法のひとつです。知人から職場の現状を詳しく聞くことができる上に、企業側にも自分の人となりや経歴を紹介してもらえるため、採用担当者に会える可能性は高くなります。

この知人の紹介によるデメリットは、人間関係といえるでしょう。紹介をしてもらったものの、実際に企業側の人間と会って話をしてみたら、聞いていた話と違い、条件が合わずお断りをせざることも出てきます。また入社したもののすぐに辞めてしまったとなると、紹介してくれた知人の顔をつぶすことになり、知人との人間関係が悪化する可能性があります。

介護職専門の転職エージェントをぜひ利用しよう

転職エージェントを活用しない場合のメリット・デメリットをみてみると、自分の時間を無駄に浪費するだけでなく、下手をすると人間関係まで壊してしまいかねません。それならば、経歴や職歴などをきちんと分析してくれて最適な求人案件を紹介してくれる転職エージェントを利用するのが最善の策と言えるでしょう。転職活動をスムーズにかつ成功させるためにうまく活用していきたいものです!

今回の要点

  • 介護業界に特化した専門特化型エージェントを活用する
  • 転職コンサルタントに給与面や条件面を交渉してもらう
  • 自力の転職活動にはメリットもあるが、デメリットもある
  • 知人による紹介の転職活動は、人間関係まで顧慮する必要がある
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン