転職
エージェント
活用
Agent

教育業界に転職したい人のための転職エージェント活用術

教育業界の転職先は、学習塾や予備校、教科書出版会社までさまざまです。大学時代に取った教員免許を活かしたいという人や、教育業界内でも違う会社に転職してキャリアアップを図ろうとしている人もいるでしょう。

教育業界の仕事は幅広いので、転職エージェントを上手く利用しながら転職活動を進めたいものです。今回は教育業界を志望する人向けに転職エージェント活用術をご紹介します。

教育業界にはどんな求人があるの?

教育業界が募集している求人は、教育業界ならではの職種から、営業や事務など一般企業と変わらない職種までさまざまです。それぞれの特徴を紹介します。

学習塾や予備校の講師

教育業界の中でも、特に需要が高いのが学習塾や予備校、習い事教室の講師です。少子化に伴って最近は個別対応型の学習塾が増えているため、講師の募集求人が目につきます。

講師は担当教科や専門分野の知識はもちろん、指導テクニックや生徒とのコミュニケーション能力も必要です。歩合制を採用している企業で人気講師になれば給与が跳ね上がるので、スキルに自信がある人にはおすすめです。

教育施設の運営スタッフ

大手の学習塾や予備校では、よく運営スタッフの募集をかけています。運営スタッフが生徒に直接勉強を教えることはありませんが、生徒の学習進捗管理や保護者とのやりとり、講師のスケジュール調整など業務内容は幅広くあります。

講師や生徒、その保護者の間に上手く入って立ち回れる対人関係のスキルが求められます。また業務においてパソコン端末を使用する機会も多いので、基本的なパソコンスキルは持っていた方が有利でしょう。

教材制作スタッフ

授業で使用する教科書作りや、試験で使用する試験問題を作成するスタッフの求人も少なくありません。良質な教材を作るためには、これまでに作られてきた教材や問題の研究が必須であり、転職活動では豊富な知識を持つ人や経験のある人が有利となります。

営業・事務スタッフ

自社が作成した教材を学校や塾、予備校に販売促進する営業スタッフの求人募集も目立ちます。取り扱い教材に関する知識は求められますが、入社後に勉強すれば問題ないので、未経験でも比較的受け入れられやすい職種です。

事務スタッフは経理や人事、総務などで、業務内容は一般企業とさほど差がありません。そのため、教育業界未経験者でも採用される可能性は十分にあります。

転職エージェントを活用したほうがよい理由

教育業界へ転職する際には、転職エージェントを活用するとスムーズに転職活動が進む傾向があります。その理由を紹介します。

教育業界の中からあなたに最適な転職先を探してくれる

教育業界の職種は幅広く、それぞれの仕事内容は大きく異なります。営業や事務などは前職の経験を活かしやすい職種ですが、未経験者にはハードルが高い講師などの職種も存在します。

自分にどんな職種や企業が合っているかを客観的に判断してもらうために、まずは転職エージェントに登録して転職コンサルタントに話を聞いてもらいましょう。これまでのキャリアやスキルにマッチする転職先を紹介してくれます。

自分ではしにくい給与交渉や条件交渉を転職コンサルタントがやってくれる

給与や条件交渉を転職コンサルタントが代行してくれるのは、転職エージェントの魅力のひとつです。教育業界は歩合制を取っている企業や変則的な勤務時間の企業が多いので、条件交渉を図りたいという人もいるでしょう。そんなときに転職コンサルタントが間に入ってくれます。

就業中で忙しい人に代わって転職活動を進めてくれる

就業しながら転職活動をしていると、思うように時間が取れないということもあります。しかし、転職エージェントを活用すると、転職コンサルタントがスケジュール調整や条件交渉を代行してくれるので、忙しいときに自分の手を煩わすことがありません。

転職エージェント登録における注意点

ここからは転職エージェントに登録する際の注意点を紹介します。転職エージェント選びの参考にしてください。

転職エージェントは複数登録しておこう

できれば転職エージェントは複数の会社に登録しましょう。同じ転職エージェントでも、登録企業の数や転職コンサルタントの質は企業によってかなり異なります。1カ所だけの登録の場合他社と比較できずに、損してしまうこともあるでしょう。

総合的な求人案件を取り扱っている大手の転職エージェントと、業界特化型の求人案件を取り扱う転職エージェントそれぞれに登録しておくと多様な求人を紹介してもらえるため選択の幅が広がります。

教育業界に強い転職エージェントをぜひ利用しよう

教育業界への転職実績が豊富な転職エージェントは、転職コンサルタントの業界知識も豊富です。教育業界を志望する人は、教育業界に強い転職エージェントに登録することをおすすめします。

合わないと思ったらすぐに別の転職エージェントを利用しよう

せっかく登録しても、自分に合う求人を紹介してくれない、転職コンサルタントと馬が合わないというのはよくある話です。あまりに我慢しすぎると転職活動に支障をきたすので、気持ちを切り替えて別の転職エージェントを探しましょう。ただし、すでに選考が進んでいる場合は、きちんと辞退を伝えるのがマナーです。

今回の要点

  • 教育業界の職種はさまざま
  • 教育業界の転職は転職エージェントの利用がおすすめ
  • 複数の転職エージェントから教育業界に強い転職エージェントを選ぶべき
  • 転職エージェントが合わないと思ったらすぐに別の転職エージェントに切り替えるのがベター
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン