転職
エージェント
活用
Agent

経理・財務部門へ転職したい人のための転職エージェント活用ポイント

経理や財務の仕事は、ほぼすべての業界で必要とされる職種です。これまで経理・財務職に就いていた人は転職先でもこれまでの経験を活かせますが、同じ経理・財務職でも企業によっては業務内容が変わるため、転職先は慎重に決めましょう。今回は経理・財務求人の特徴と転職エージェントの活用術を紹介します。

経理・財務の仕事内容は?

経理や財務は金銭を取り扱う会社であればどこでも需要のある職種です。一口にまとめられがちな経理・財務ですが、それぞれに違いがあります。

経理の求人で多いのは、社内で日常的に行われている出入金管理や伝票整理、帳簿付けや決算書・賃借対照表の作成などの事務業務です。

一方、財務の求人では会社の予算編成を行ったり、営業資金などの調達をしたりと会社の金銭の流れを組む業務が目立ちます。

また、経理・財務と似た職種に「会計」があります。会計業務は経理や財務とかぶっていることもありますが、財産の変動状況の報告や金銭の収支報告といった報告業務が多めです。

それぞれに細かな違いがありますが、経理の求人に財務の仕事が含まれていることもあればその逆もあります。中には経理・財務・会計すべてをまとめている会社も少なくありません。そのため転職活動の際には求人要項をよく読み、業務内容をきちんと把握しておきましょう。

転職エージェントを活用したほうがよい理由

財務・経理職への転職活動は、自分ひとりで行うのではなく転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。転職エージェントを介することで転職活動の負担を減らすことができ、現在就業中の方にも安心して転職活動ができます。

経理・財務の求人案件の中からあなたに最適な転職先を探してくれる

経理・財務の求人は決して少なくありません。しかし未経験者や簿記などの資格を持っていない人はNGとなる求人があります。また同じ経理・財務でも業務内容は企業ごとに多少違ってきますので、個々の企業に合った求人案件に出会えるかどうかは活動状況によって変わってきます。さまざまな求人の中から、自分のキャリアやスキルに合った企業をひとりで見つけるのは意外と大変なものです。

そんなとき、転職エージェントに登録しておくと転職のプロであるコンサルタントが自分に合う求人を探してくれます。応募先を探す手間が省けて、転職活動を効率化させられるでしょう。

自分ではしにくい給与交渉や条件交渉を転職コンサルタントがやってくれる

転職活動で給与や条件面で交渉したいところがあっても、自分ではなかなか切り出しにくいものです。しかし転職エージェントを通じて転職活動をしていれば、転職コンサルタントが面倒な交渉事を代わりに行ってくれます。

就業中で忙しい人に代わって転職活動を進めてくれる

また就業しながら転職活動をしていると、日々の業務に追われスムーズに活動が進まない場合もあります。転職エージェントはそのような人のサポートも行っていて、応募先企業とのスケジュール調整を代行してくれます。業務と転職活動を両立しやすいところは魅力のひとつといえるでしょう。

未経験でも経理・財務の求人に応募できる?

経理や財務職は専門的な知識が必要なため、経験者が有利になる傾向があります。少しでも転職活動を有利に進めるためには、簿記やファイナンシャルプランナーといった資格の取得がおすすめです。
資格取得が転職活動中に間に合わなくても、面接の場で勉強中であることを告げると好印象です。

転職エージェント登録における注意点

ここからは転職エージェントに登録する際の注意点を紹介します。

転職エージェントは複数登録しておこう

転職エージェントは一社だけではなく複数に登録することをおすすめします。一社だけだと気に入る求人が少ない場合がありますし、転職コンサルタントと相性が合わないケースもあります。複数登録する場合には、転職活動のバリエーションを持たせるために、総合的な求人案件を取り扱っている大手の転職エージェントと、専門性の高い求人案件を取り扱う転職エージェントそれぞれに登録しておくと多様な求人を紹介してもらえるでしょう。

経理・財務の求人案件に強い転職エージェントをぜひ利用しよう

経理・財務職に絞って転職活動をするのであれば、その方面に強い転職エージェントを選びましょう。そうすることで求人が豊富にそろっていたり、経理・財務の転職に特化したコンサルタントが在籍していたりする可能性が高いです。

合わないと思ったらすぐに別の転職エージェントを利用しよう

ときには転職エージェントが合わないというケースもあります。たとえば転職コンサルタントとの相性や転職エージェントの紹介案件に魅力を感じない、といったことが合わないと感じる原因になります。その場合はすぐに気持ちを切り替え、別の転職エージェントを中心に活動するようにしましょう。

合わない転職エージェントで妥協して転職先を決めると後悔するおそれがあります。ただし、選考過程の場合はきちんと断りの連絡を入れてから新たに登録しましょう。

今回の要点

  • 経理・財務の仕事内容は違うが、一緒になっている会社もある
  • 求人要項をよく読み、業務内容を確認してから応募する
  • 転職エージェントを利用する際は複数の会社に登録する
  • 経理・財務に特化した転職エージェントがおすすめ
  • 自分に合わない転職エージェントはすぐに切り替える
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン