転職
エージェント
活用
Agent

転職に失敗しないための転職エージェントの選び方

転職エージェントは無料で登録し活用できるのが魅力ですが、非常に多くの転職エージェントがありどこに登録すべきか判断に迷ってしまうことがあります。そこで今回は、転職エージェントとはどのようなものか、どういう転職エージェントに登録すればよいのかの判断ポイントをお伝えいたします。

転職エージェントには種類がある

転職エージェントは、大きく2つの種類が存在します。1つが「統合型エージェント」、もう1つが「専門特化型エージェント」です。まずはこの2つのタイプの違いを知ることから始めましょう。

統合型エージェント

統合型エージェントでは、幅広く求人案件を持っているのが特徴です。自分が希望する業界のみならず、全く異業種の求人案件も手掛けているためので、転職コンサルタントとの面談や相談を通じて、これまで自分が目を向けてこなかった業界の企業案件を紹介してもらうことができるかもしれません。これまでの経歴を生かし、希望していない業界でも能力を発揮することができると判断されれば、他業種への転職もあり得ます。

専門特化型エージェント

専門特化型エージェントはその名の通り、特定の業界に特化した企業案件を担っている会社です。販売系、IT系、商社系など分野ごとに企業案件を取り揃えていますこともあり、自分が行きたい業界がしっかり定まっている場合は専門特化型のほうが希望の求人に出会う確率は高いと言えるでしょう。

失敗しない転職エージェントの選び方

転職エージェントが数多くある中で、どの転職エージェントを選べばよいのか悩んでしまう場合は、統合型エージェントと専門特化型エージェントのお互いのいいところを使い分けることで、転職活動を上手に進めることができます。ここではどのような点に気を付けたらいいかをまとめましたのでご覧ください。

転職エージェント選びは慎重に

「転職エージェント」とインターネットで検索をすれば、数多くの転職エージェントが出てきます。その検索結果の中には、名前を聞いたことのある有名なエージェントも出てきます。とはいえ有名だからといってあなたにとってよいというわけではありません。

現在求職者の多くが、名の知れた大手の転職エージェントに登録しているのではないでしょうか。
その登録者数の多さから、転職エージェント側も手がまわらずサポートが手薄になることがあります。たとえば、紹介される求人案件が少ないのではないかと感じた、もしくはアドバイスがあまり受けられていない!状況が発生したりすることはないでしょうか。

もしそのような事態に遭遇していると感じたら、大手の転職エージェントだけにこだわるのではなく、もっと広い目で転職エージェントを探すようにしましょう。中堅クラスの転職エージェントでも良い求人案件が存在している場合がありますので、いろいろと探してみることも必要です。

転職エージェントは複数登録しておこう

1社のみの転職エージェントに頼り転職活動をするのは、紹介案件数が限定されてしまうため、あまりお勧めできません。そのため、統合型の転職エージェントと専門特化型の転職エージェントの両方への登録、さらには複数社に登録しておくことで、あなたの希望にあった転職先を見つけられる可能性が大きくなります。

統合型エージェントの弱点は、広く浅く企業案件をもっている転職エージェントが存在していることです。そのために自分の希望する業界の求人案件の紹介が少なかったり、希望と異なる業界の案件ばかりで転職活動が上手く進められなかったりすることがあります。そこで専門特化型のエージェントも同時に活用することにより、統合型転職エージェントでは紹介されいような求人案件もカバーすることができるのです。

ちなみに複数社の転職エージェントを活用することに制約はありません。多くの求人案件を紹介してもらい、早く自分の転職先を決めることを第一目標として、幅広く転職エージェントを活用していきましょう。

自分の希望業界に強い転職エージェントへの登録は必須

自分が転職したい業界があるならば、希望する業界に強い転職エージェントへの登録は必須です。自分の希望する業界を専門とする転職エージェントはいくつか見つかるはずです。たとえば「アパレル 転職 専門」や「建築業界 転職 専門」などのキーワードで検索をすれば複数の専門特化型エージェントが探しだせます。いくつか候補の中から自分に合った転職エージェントを見つけましょう!

転職コンサルタントが実際のパートナー

転職エージェントに登録が完了すると実際に転職コンサルタントと面談することとなりますが、この転職コンサルタントがあなたの転職活動のパートナーになり、常にサポートしてくれることになります。

もし転職コンサルタントが自分にとって相性がよいパートナーとなれば、転職活動は比較的スムーズに進むことが想定されますが、こちらの話を聞かない、話がかみ合わない、希望していない職種や業界の案件ばかり持ってくる、といった転職コンサルタントが担当になってしまった場合には速やかに変更を申し出た方が無難です。相性の良い転職コンサルタントをパートナーとして見つけることも転職活動の一部だと考えて割り切ることも大切です!

今回の要点

  • 転職エージェントには統合型と専門特化型がある
  • 1社に頼らず、統合型と専門特化型を複数利用する
  • 自分が希望する業界の専門特化型エージェントには必ず登録する
  • 良い転職コンサルタント探しも、転職活動の一部
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン