転職
エージェント
活用
Agent

転職エージェントと相性が合わないと思ったら

転職エージェントに登録したもののなかなか転職が決まらない場合、そもそも転職エージェントや転職コンサルタントとの相性が合っていない可能性があります。そのようなケースに遭遇した場合、どのようなポイントがずれていたら相性が合わないと判断して良いのか、合わないと分かった場合にどのように対処すべきかをこの記事ではお伝えしていきます。

このように感じたら転職エージェントを変えることも検討しよう!

転職エージェントを活用して転職活動を行うことは、時間的にも労力的にも非常に有効と言えるでしょう。しかし転職エージェントを利用しているにもかかわらず、なかなか次の転職先が決まらないというときには何か問題があります。ここでは5つの点から今の転職エージェントが自分に合っているのかどうなのかを判断してみましょう。
もし、当てはまる項目が複数ある場合には転職エージェントを変えてみることも検討すると良いかもしれません。

転職活動の的確なアドバイスがもらえない

転職エージェントを介して面接などを行った場合、通常企業側からどのような点が自社の人材としては合わなかったかなどのフィードバックがあります。それをもとに次に向けた面接での受け答えや、履歴書や職務経歴書の見直しなど、転職コンサルタントが改善のためのアドバイスをしてくれます。

しかしそのようなサポートがなく、単に企業を紹介するだけだと、よい転職エージェントとは言えないでしょう。次から次へと求人案件を紹介してくれるのはよいものの、何度繰り返しても通らない書類提出や面接を繰り返したところで疲弊するのはあなたです。転職エージェントには適切なアドバイスをもらいたいものですね。

自分の希望業界に精通していない

担当する転職コンサルタントは、あなたが希望する業界に精通していますか?
当然ながら転職エージェントによっても得意な業界、不得意な業界があります。そのため担当する転職コンサルタントがどんな業界の転職に精通しているのかを把握することも転職活動の一部です。

転職エージェントのウェブサイトを見てみると、総合的にいろいろな業界の転職支援をしているのか、IT系やシニア系、女性に強い、といった得意な業界を主として転職を支援しているのか確認することができます。
たくさんの転職エージェントにただ登録するのではなく、どのような業界に強いのかチェックするようにしましょう。

上から目線で接してくる

転職エージェントと求職者はパートナーであり、そこに上下関係はありません。求職者は新しい転職先を決めることができる、転職エージェントは転職が決まったことによって成果報酬を得ることができるといったWin-Winの関係にあります。
しかし、求職者に対して「仕事を紹介してやる」という気持ちを持った上から目線で接してくるエージェントとは無理に付き合う必要はありません。対等な関係を築けない場合には、転職エージェントを変えてみることも検討してみましょう。

やたら希望と異なる求人案件を出してくる

あなたが希望している業界があるにもかかわらず、異なる業界の求人案件ばかりを出してくる転職エージェントも付き合う必要があるか検討が必要です。転職活動で大切にしなければならないのは自分のキャリアビジョンにマッチした会社であるかどうかです。その想い無理に変更させてまで内定を締結しようとするのは、ノルマをこなそうと転職コンサルタントが必死になっているからかもしれません。

転職エージェントによって、自分では見出しにくいスキルや新しい業界への道が開かれるケースがあるかもしれません。しかしそれは希望する業界の求人案件を考慮し、適切なコミュニケーションをしている間柄で起きることです。希望と異なる求人案件ばかりだしてくるのは、あなたではなく、自分の会社やクライアント企業だけに目が向いている証拠と言えなくありません。

話が一向に噛み合わない

有能な転職コンサルタントは、聞き上手であり理解力がとても高い人です。希望条件を聞き出しあなたが望む転職先への入社をサポートしてくれるでしょう。
しかし中には人の話を聞かない、聞いていてもまったく違う受け答えをする人もいます。そのような場合は転職活動が進まないため、転職エージェントごと代えてみることも必要です。

今の転職エージェントが合わないと感じたら

転職エージェントは数多く存在します。もし転職エージェントを利用していく上で合わないと感じた場合には、違う転職エージェントを活用することを考えましょう。転職コンサルタントのみ代えるという選択肢もあります。

別の転職コンサルタントに変更してもらおう

担当の転職コンサルタントが合わないと感じた場合は別の人間に変更してもらうことは可能です。転職コンサルタントの変更は特別なことではありませんので、変更してもらいたいと素直に伝えましょう。
もし担当コンサルタントに直接伝えるのに気が引けるのならば電話やメールで連絡をして構いません。転職エージェントによっては担当変更を伝えるウェブサイトや部署もあるので、そこに連絡をすることで担当を変更してもらうことができます。

別の転職エージェントを利用しよう

最終手段として、別の転職エージェントを利用することも検討しましょう。ほかの転職エージェントを利用することで、これまでとは異なった新たな求人案件を紹介してもらえる場合があります。複数の転職エージェントを利用しても特にデメリットはありません。まずは自分に合った転職先を紹介してくれると感じられる転職エージェントを見つけることを優先しましょう!

今回の要点

  • 転職エージェントは複数、同時に利用しても問題がない
  • 別のエージェントを利用することで、新しい求人案件に出会えることもある
  • 合わない転職コンサルタントは変更が可能
  • 自分の転職を有利に行える転職エージェントを探す
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン