転職
エージェント
活用
Agent

合わない場合は即変更!転職エージェントを変える際の注意点

転職エージェントに登録しても、思ったような求人紹介が得られない場合や、担当者の対応に不安を感じるときは、担当者との相性がよくないのかもしれません。その場合転職エージェントの担当者の変更は可能です。ここでは変更を申し出る際の注意点について解説します。

よい転職エージェント・ダメな転職エージェントの特徴

転職エージェントを利用していても、なかなか思ったような求人が紹介されないということもあります。転職エージェントが合わないのではと感じている場合には、まず転職エージェントがよいのかダメなのかを見極めることが必要です。

また、サポート面としては、応募書類の添削や面接対策をしっかりと行ってくれること、連絡がこまめでかつ迷惑にならない頻度であるというのも条件となるでしょう。

よい転職エージェント

よい転職エージェントとは、目先ではなく将来的なキャリアを見据えた上で、適切な求人を提案してくれるものです。そのため、よい転職エージェントの特徴としては、適性とスキルを把握するために丁寧な面談とヒアリングを行ってくれること、業界に関する知識が豊富なことなどがあげられます。たとえ転職を希望していたとしても、客観的に見て転職すべきタイミングでない場合にきちんと指摘する担当者は、よい転職エージェントといえるでしょう。

ダメな転職エージェント

ダメな転職エージェントの典型的な特徴は、面談でヒアリングをきちんと行わず、とにかく多くの求人を紹介して応募させる点です。転職エージェントは成功報酬制のため、早期の内定をほしいがためにこのような対応を取ってしまうことがありますが、これはダメな代表的事例といえます。また、業界知識が少ない場合にも一辺倒なアドバイスしかなされないため、転職エージェント利用のメリットを引き出せません。

また、対応が遅い場合もダメなエージェントといえます。条件のよい求人が見つかった場合にほかの転職エージェントに先を越されますし、何よりも限られた転職活動期間中に無駄な時間が発生してしまうからです。ビジネスマナーがなっていない転職エージェントも、企業とのつながりが浅い可能性が高く、注意が必要かもしれません。

転職エージェントが合わないと感じたら

転職エージェントが自分に合わないと感じている状態でそのまま転職活動を続けても、よい結果はほとんど得られません。そこで、担当の転職コンサルタントを変更するか、転職エージェント自体を変更してしまうことをおすすめします。

転職コンサルタントを変更する

転職エージェントはもちろんですが、転職コンサルタント自身にも得意な分野、不得意な分野が存在します。さらに、転職コンサルタントの転職成功経験数や実力の差もあるものです。自分に適した求人の提案が難しそうだと感じたり、信頼性に不安を感じていたりする場合には、担当者の変更を希望しても構いません。

また、転職エージェントでは、1人の転職コンサルタントで多くの転職者を担当します。そのため、転職コンサルタントによっては、条件によってあまり力を入れてくれないという例もあります。希望の求人がなかなか紹介されない、自分はきちんと連絡しているのに返答が遅いなどの問題がある場合には、担当者を変更するとよい結果が得られる可能性もあります。

転職エージェント自体を変更する

転職エージェントには、業界や年齢層などそれぞれ得意とするジャンルがあります。たとえば、総合転職エージェントながら実際にはミドル層向けのキャリアアップを得意とする転職エージェントがあるとしましょう。そこにキャリアの少ない第二新卒が登録しても、取り扱い求人自体も少ないですしノウハウも蓄積されていないため、思ったようなサポートは受けられない可能性が高いです。

転職コンサルタントを変更しても思ったような紹介が受けられない、サポート体制がよくないといった問題がある場合には、利用する転職エージェント自体を変更することも1つの方法です。担当の転職コンサルタントの変更がやりづらかったり、なかなか変更処理をしてくれなかったりという場合にも、転職エージェントの変更を検討したほうがよいでしょう。

転職エージェントの変更の伝え方

転職エージェントの担当者を変更するには、きちんと変更希望の理由を伝えることが大切です。ただ意味もなく変更したいと申し出るのは、転職エージェント側に不信感を抱かせます。転職エージェントの担当者との相性はさまざまな点で合う・合わないがありますので、しかるべき理由があれば変更を申し出てかまいません。

担当者を変更する方法は転職エージェントによって異なります。最近ではウェブサイトやメールから変更できる転職エージェントも多くなり、変更のハードルは低くなりました。
ただし、担当者を変更したとしても担当者間の引継ぎは行われています。担当者に不満があるからといい加減な対応をしていると、新しい担当者に変わっても力になってもらえない可能性もありますので注意しましょう。

今回の要点

  • よい転職エージェントとは業界知識が豊富で将来を見据えた提案ができる人
  • 転職エージェントの担当者が合わないなら変更できる
  • 転職エージェントの変更の際は理由を明確に伝えよう
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン