転職
エージェント
活用
Agent

転職エージェント経由で提出する履歴書は手書き?ワード?

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書は必須アイテムになります。転職エージェントを活用する際には、これらの書類から求職者のスキルや経歴を判断し、求職者に適した求人案件を紹介することになるからです。

そんな履歴書や職務経歴書を作成する際、手書きがよいのか?パソコンを使っていいのか?と迷ってしまうこともあるでしょう。ここではどちらの方法が書類選考に有利なのか、またメリットやデメリットについてまとめてみました。

履歴書作成時は手書きかワード、それぞれのメリット・デメリットとは?

履歴書や職務経歴書は、ただプロフィールを記載しただけの書類ではなく、あなたの人柄を伝えるアピール材料にもなるツールです。これらの応募書類についてですが、履歴書からチェックされる場合が多く、採用担当者が履歴書を見ただけで興味を失ってしまえば職務経歴書も見てもらえない、という事態にもなりかねません。そんな応募書類の作成にあたっては手書き派やパソコン派などに分かれますが、どちらを選べば転職に有利といったことがあるのか、悩んでしまうこともあるでしょう。ここではそれぞれが持つメリット・デメリットについて解説していきます。

手書きのメリット

現在書類作成はパソコンが主流ですが、企業の採用担当者の中には履歴書は手書きであるべき、と考える方も少なくありません。その理由として、手書きにより文字の上手下手や大小、筆圧など書面から人柄を読み取れる情報もいろいろあるためです。さらに履歴書一枚作成するのにも相応の時間がかかるため、その人がどれだけの想いで履歴書を作成したのかという熱意も伝わります。とはいえ、手間をかけたからといって書類選考に有利とは一概に言えません。
しかし、応募企業が手書きを重視すると想定される場合(たとえば筆記具メーカーなど)はあえて手書きにするのもおすすめの方法です。

手書きのデメリット

手書きの履歴書や職務経歴書による筆跡から求職者の性格や行動志向などがわかるという話もあるため、素の自分が出てしまうこともあるでしょう。たとえば、殴り書きに見える文字や小さすぎる文字などは性格を表し、誤字脱字が多ければミスが多い人という印象を与えるかもしれません。
また作成するのに時間がかかるからといって表現の使いまわしやコピーもNGです。企業ごとの特性を考慮し、内容を見直したうえで履歴書や職務経歴書を作成するのがよいでしょう。

ワードのメリット

パソコンで履歴書が作成できるということは、ワードあるいはエクセルの基礎的スキルを持っているということになります。そのためIT系企業や外資系企業、事務職志望といった場合はパソコン(ワード)を推奨することがあります。
また求人数が多い企業では、手書きだと読みにくいということで企業専用のフォーマットがあるというケースもあります。募集人数が多ければ、書類選考の履歴書のチェックにかかる時間も減るため、まずは読みやすさを重視することが大切です。

当然、企業の応募規定によって書き分けることも必要です。たとえば郵送応募ではなくメール添付を規定としている場合は当然手書きによる作成ではなく、ワードでの作成が必須となります。

ワードのデメリット

ワードでの履歴書は読みやすく修正しやすいのがよい点ですが、無機質なため誰の履歴書も同じような内容になってしまうというデメリットもあります。そのため内容によっては細部まで読んでもらえなかったり、大勢の中に埋もれてしまったりする場合も想定されます。そのためフォントや文字数などを工夫して、採用担当者が読みやすい文体にしておくこともポイントです。

またワードで作成した書類はデータ管理に細心の注意を払い、ファイルの先祖返りがないようにしたり他社へすでに送った応募書類を提出したりしないよう、日付管理やファイル管理に十分注意するようにしましょう。

指定がある場合は企業の指示に従う

市販の履歴書を見るとわかるように、JIS規格と定義されていても様式が違うタイプのものがあります。志望動機や賞罰、免許資格などの欄が無かったり小さかったりするものもあるので、特に指定がなければ自分に合ったフォーマットの物を選べば良いでしょう。

また転職エージェント側の規定のもの、企業指定のものなど指定の履歴書や職務経歴書を使って作成しなければならない場合もあります。企業指定のものを使えば、求職者によって履歴書の内容が違うということが避けられるため、採用担当者側にとっては選考しやすいというメリットもあります。

求人案件に応募する際にはあらかじめ、応募書類に指定のものがあるかどうかを転職エージェントに確認しておきましょう。

どちらか迷ったら「手書き」がベター

履歴書をどちらの方法で作成するかは求人企業側の状況によって対応が変わってきます。応募企業に対して、どちらでの作成方法が適しているかといった疑問は転職エージェントの担当者に相談してみてもよいでしょう。迷ったら、まずはワードで履歴書を作成しておき、必要に応じて手書きで提出できるように準備するのがベターです。

今回の要点

  • 履歴書に指定がある場合は企業の指示に従う
  • 手書きかワードかどちらか迷ったら「手書き」がベター
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン