STEP 3 求人検索・
応募

求人応募をしたけどキャンセルしたい!その場合の対処法とは

求人応募をしたけどキャンセルしたい!その場合の対処法とは-メイン画像

求人応募をしたけどキャンセルしたい場合には、基本マナーを抑えておかないと、ネガティブな印象を与えてしまいます。完璧な対処法を学び、失礼がないように心がけましょう。

応募したのにキャンセルする様々な事情

求人応募したのにキャンセルするケースは、実は意外に多くあります。そこで、代表的な例を3つご紹介します。

他社で内定をもらった

志望度の高い企業に内定をもらった場合には、求人応募をキャンセルするケースが多くあります。転職では複数の求人へ応募し、並行して選考を進めることも多くあります。そのため、応募した際に応募先企業の優先順位をしっかりと決めておくことが大切です。

自分の希望と合わなかった

面接が決定してから再考し、希望と合わないケースは珍しくありません。また、勤務地・給与などの条件を、面接時に確認して求人情報との齟齬があることが分かる場合もあります。

業務で求められるスキル・経験が合わなかった

求人情報で「経験者優遇」と書かれているケースが多くあります。面接に足を運んで、「業務で求められるスキルや経験が合わない」と感じる方も珍しくありません。

きちんとキャンセルを伝えるための基本マナー

きちんと求人応募のキャンセルを伝えるために抑えておきたい基本マナーをご紹介します。

連絡を迅速にし、ドタキャンは絶対に避ける

求人応募のキャンセルを決めたら、連絡を迅速にして、面接のドタキャンは絶対に避けましょう。どんなに遅くとも面接の前日までには必ず連絡を取り、キャンセルを担当者に伝えましょう。

辞退の理由は「諸般の事情」でOK

応募辞退の理由は、詳細に話さないで「諸般の事情」とします。ただし、理由を聞かれるケースもあります。

「面接でお伺いした際に、私のキャリアが不足していると感じた」など、相手を傷つけないような理由を考えておくのがおすすめです。

丁寧に謝意を伝える

選考には、連絡をくれる担当者だけではなく、企業内の多くの人が携わっています。丁寧に謝意を伝えるとともに、選考に貴重な時間を割いてくれたお礼を伝えることも重要なポイントです。礼節を大事にする心がけは、相手を思いやるためだけではなく、自分自身の今後の活動を、前向きで気持ちのよいものにしてくれる効果もあるのです。

段階別キャンセルの注意点

選考の段階別で、応募をキャンセルする場合の注意点は以下の通りです。

応募はしたが、まだ連絡を受けていない場合

求人応募をしたものの、面接の連絡を受けていない場合には、メールで担当者に連絡をします。面接の日程が決まっていない時点でキャンセルをする方が、企業側の負担が少なくて済むので、キャンセルを決めたらできるだけ早く伝えましょう。面接連絡の際にキャンセルを伝えるのではなく、自分から連絡をするのがマナーです。

すでに面接や試験日が決定している場合

すでに面接や試験日が決定している場合には、2営業日前までにメールで連絡をします。
担当者から返信がない場合や、前日・当日になってしまったら、必ず電話で連絡をしてください。

万が一担当者が不在の場合には、事情を話してどう対応すれば良いのか聞くのがおすすめです。「大変申し訳ございませんが、〇月△日の面接を、第一志望の企業から内定を頂いたので辞退させていただきたいのですが…」と尋ねてみましょう。担当者が一日外出だと連絡が取れないケースがあり、そんな時には事情が分かる他の方が対応してくれます。

応募方法別のキャンセル対処法

応募方法別のキャンセル対処法をご紹介します。

直接、自分で企業に応募した場合

自分で企業に応募した場合には、メールもしくは電話で担当者に直接連絡をします。採用サイトに担当者名が書かれていない場合には、メールには「採用担当者様」と記載しましょう。

求人サイトを通じて応募した場合

求人サイトを通じて応募した場合には、サイトから応募者の情報が企業に送られています。サイト上ではキャンセルすることができないケースが多いので、応募の問い合わせ先から電話番号や採用担当者を調べ、メールもしくは電話で担当者に直接連絡をしましょう。

転職エージェントを通じて応募した場合

転職エージェントを通じて応募した場合には、担当のコンサルタントに連絡を入れましょう。コンサルタントが企業に事情を話し、応募を辞退してくれます。
転職エージェントなら、仕事探しから内定決定までの一切をコンサルタントが仲介してくれるので、自分でキャンセル連絡を入れるのが心苦しいと感じるならば活用するのもおすすめです。

今回の要点

  • 求人応募のキャンセルはよくあることだが、事前に連絡を入れるのがマナー
  • ドタキャンは避け、前日/当日の場合には電話で連絡をする
  • 辞退の際は詳細を伝えず、理由は「諸般の事情」でOK
  • 丁寧に謝意を伝え、お互いに心象よく終えること
  • 転職エージェントなら、キャンセル連絡も担当コンサルタントが行ってくれる
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン