STEP 3 求人検索・
応募

障害者の転職にもっと有利な求人情報の探し方とは?

障害者の転職にもっと有利な求人情報の探し方とは?-メイン画像

障害者の転職を有利に進めるためには、求人情報の探し方にポイントがあります。一般雇用と障害者雇用や、どんな企業の求人に注目すれば良いのか、どんな求人情報を活用すれば良いのかをご紹介します。ハンディキャップを乗り越えて、転職を成功させたい方は是非ご一読ください。

一般雇用と障害者雇用の選択について

障害者雇用促進法では、身体障害者・知的障害者・精神障害者の方を雇用するように定めています。従業員50人以上の民間企業は、障害者雇用率が2.2%以上と定められており、企業の規模にあわせて障害者を採用する必要があります。

障害者の法定雇用率は、平成33年4月までに、民間企業の場合2.3%に引き上げになります。つまり、今後はより障害者雇用が増えていくことが期待されます。
参考: 政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報」平成29年11月27日

障害者雇用に応募する条件

障害者雇用に応募できるのは、障害者手帳を所持している人です。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の、いずれかの手帳を所有している人が該当します。療育手帳は、東京都では愛の手帳という名称です。お住まいの自治体によって名称が異なるケースがありますので注意してください。

障害者雇用のメリットとデメリット

障害者雇用には、メリットとデメリットがあります。

障害者雇用のメリット

障害者採用枠を設けている企業は、障害を持っている人を受け入れるための体制が整えられていたり、障害者の先輩が活躍したりしています。職場の理解やバックアップを必要とする障害を抱えている方は、一般雇用ではなく障害者雇用の方が、働きやすい環境の企業が見つかるかもしれません。また、障害者雇用だと、一般採用枠で健常者と採用枠を争う必要がないのもメリットといえます。

障害者雇用のデメリット

障碍者雇用では、一般雇用と異なり、求人数が少なくなってしまいます。そのため、職種が限られ、希望する職業が見つかり辛いことも珍しくありません。

また、障害者として、軽度から重度の方まで一括りになっているので、障害の程度には配慮されていません。そのため、障害者雇用では、仕事の領域が狭かったり、作業の負荷が軽かったりするものが多いです。能力を存分に活かせる仕事が見つからない方もいらっしゃるかもしれません。

障害者雇用の場合の主な職種

障害者が積極的に雇用されている職種は沢山ありますが、中でも事務職・営業職、そしてIT関係の職種が多いです。

事務職

総務や経理、そして人事などの事務職は、障害者が活躍することができる職種です。事務職は求人が多くあり、語学や書類作成スキルなど、未経験であっても強みを活かせる職場を探しやすいです。

営業職

営業職も、障害を越えて活躍することができる職種のひとつです。対面接客だけではなく、コールセンターなどの求人もあるので、障害の程度や状態に応じて適切な職場を選ぶことができます。

IT関係

IT関係のプログラマーやエンジニアも、障害者の活躍のフィールドが広がっています。IT関係は、未経験者の受け入れや中途採用も積極的に行っています。専門的なスキルを身に付け、キャリアアップをはかりたい方にもおすすめです。

障害に理解を示してくれる会社が有望

ご紹介したように、従業員数が50人以上の民間企業は障害者雇用を行う必要があります。しかし、障害者雇用を行っているからと言って、必ずしも障害に理解があるわけではありません。大切なことは、「障害に理解を示してくれる会社を選ぶこと」です。
企業が障害を理解する努力をし、障害者に働きやすい環境づくりを心がけている、社員同士の理解が深く、サポート体制が整っている会社を探すのが理想的でしょう。

安心できれば、安定して長く働ける

仕事では「安定して長く働く」ということが、生活を支えるのに大切なポイントとなります。それによって収入も安定し、雇用が安定することで、キャリアプランやライフプランに前向きな展望を持てるようになります。そのためにも、障害に対する理解がある職場を選び、安心して働き続けることができる環境を得ることを目標とするのがよいでしょう。

契約社員から正社員への登用も

障害者雇用を行っている企業の中には、契約社員から正社員への登用を積極的に行っている企業も多くあります。契約社員・派遣社員として採用され、正社員になった障害者の方もいらっしゃいます。「正社員」にこだわる場合には、正社員登用を行っていたり、実績があったりする企業の契約社員・派遣社員に応募するのも良いかもしれません。

大手・優良企業の障害者雇用について

障害者雇用を積極的にしている優良企業を知りたい場合には、厚生労働省が発表している障害者雇用対策の「好事例集」を参考にするのもひとつの手です。障害の分野に分け、各企業の取り組み例を紹介しています。大手企業だけではなく、中小企業も紹介されており、大手・優良企業の障害者雇用や取り組みを知ることができます。
参考:厚生労働省「障害者雇用対策 施策紹介 好事例集」

求人情報をしっかり相談できる場所選び

障害者雇用で応募する際には、転職に対して、しっかり相談できる場所選びをすることが重要なポイントになります。

ハローワーク

ハローワークは、障害者雇用のノウハウを持っています。求人数が多く、全国各地の障害者向けの転職求人を探すことができます。

障害者向け専門求人サイト・エージェント

障害者専門の求人サイトや転職エージェントは、障害者雇用に強みを持っています。求人の検索も、障害の程度やバックアップ体制、障害者雇用実績などから検索することができるケースが多くあります。そのため、自分に合った職場を探しやすいです。

一般の転職エージェントも有効

一般の転職エージェントは、非公開・限定求人を数多く取り扱っており、求人数が豊富です。特に、一般雇用を視野に入れた活動をする場合には、障害者専門の転職サイトや転職エージェントだけではなく、一般の転職エージェントも活用しましょう。

今回の要点

  • 採用には一般雇用と障害者雇用があり、それぞれメリットやデメリットがあるので慎重に判断を
  • 従業員50人以上の民間企業は、障害者雇用率が2.3%以上と定められ、雇用が増えつつある
  • 障害に理解を示してくれる会社を探すことが、長く、安定してはたらく秘訣
  • 仕事探しは、ハローワークだけではなく、転職サイトや転職エージェントも活用しよう
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン