STEP 3 求人検索・
応募

新卒の求人情報だけじゃない!最新の若者向け求人事情

新卒の求人情報だけじゃない!最新の若者向け求人事情-メイン画像

売り手市場と言われている昨今、若者向けの求人は新卒に限られなくなりました。
ひと昔前ならば、若手といえば新卒に限られ、就職後も一カ所で長く勤めることが常識となっていましたが、今はそれにこだわる企業が少なくなっています。少子化のあおりを受けて、どの企業も戦力となる人材確保に力を入れています。本記事では、そんな最新の若者向け求人事情に触れてみます。

新卒、既卒、第二新卒の違いについて

新卒、既卒、第二新卒という言葉があります。これは就活市場で使われる言葉ですが、すぐに意味がわかるでしょうか?

○新卒

文字通り、卒業と同時に企業に就職する人を指します。

○既卒

既卒という言葉は本来ありませんが、一般的には、卒業後3年ほど正社員として就職することなく過ごした人のことを意味します。就職活動で希望の企業に入れずタイミングを逸した、家庭の事情により就職活動ができなかった、アルバイトで働いていたなど、その理由はさまざまです。しかし、2010年の「大学卒業後3年以内の既卒者を新卒とし採用する」という政府の指針以降、現在では大手企業などを始め、既卒者を新卒者として募集する企業が増えてきています。

○第二新卒

第二新卒は、新卒で一旦は企業に就職したものの、3年以内に離職して就職活動する人のことで、一度でも正社員として働いた経験がある人を指します。

既卒、第二新卒の、いずれも年齢でいえば20代半ばを指し、まだこれからいくらでも可能性のある世代です。

企業も積極的、既卒、第二新卒の求人状況

「人を採るなら新卒」と言われたのも昔の話。今では既卒や第二新卒を歓迎する企業も増えています。その理由として、新卒の企業離れが挙げられます。3年以内に企業を辞める新卒が増えている反面、「であれば第二新卒を」と、第二新卒の採用に積極的な姿勢を見せる企業も増えているのです。また、諸事情により卒業年に就職活動に専念ができなかった既卒も、人材確保の観点から積極的に採用されています。

既卒、第二新卒に企業が期待していること

既卒、第二新卒に企業が求めているのは吸収性と自由な発想力です。既卒の場合には、これまで企業に属したことがない分、自社のカラーを知ってほしいという期待があります。一方第二新卒の場合は、すでに一度就職しているので、基本的なビジネスマナーを知っていたり、多少なりとも社会経験があったりする分、前社で得た経験を踏まえての成長が期待されています。

既卒、第二新卒の仕事の探し方

既卒、第二新卒になって仕事を探す場合、新卒やベテランの転職者とは違った注意が必要です。ここでは、どういった点に注意すべきかについてお話します。

求職活動における注意点

既卒の場合、就活市場の場で就職経験がないのは一見デメリットですが、その分企業のカラーになじみやすいというメリットがあります。ポイントは、既卒になった理由や、卒業後をどう過ごしていたかということが重要になります。資格取得のため、留学、病気の治療など、明確な理由がある場合はきちんと伝えるべきでしょう。一方、このような事情や背景がなくても、過ごして来た日々を振り返り、そこで何を学んだか、何を達成したかなどをよく整理してみることをおすすめします。大きな出来事ではなくても、大事にしてきたことや思いをしっかりと伝え、入社後はどんなことをしたいかを積極的にアピールしましょう。

第二新卒の場合、すでに社会的な一般マナーを身につけている点が期待されています。初期教育のコストを省いた上で、若さゆえの吸収性や自由や発想を評価されることが多いのです。前職を辞めた理由をよく吟味し、自分が何を求めているのかという部分を明らかにした上で転職活動に臨みましょう。

求人情報の探し方

厚生労働省のデータによると、既卒の新規学卒者枠での応募を受けつけている企業は、その数が増えつつあるもの、実際のパーセンテージは全体の約40%ほどです。新卒採用にこだわらず、既卒や第二新卒の求人情報を探す方法はいくつかあるので、さまざまな方法を積極的に利用してみるといいでしょう。
そのひとつは、求人サイトやハローワークを使って自分で探す方法で、もう一つは、第二新卒や既卒をターゲットにした転職エージェントを利用する方法です。

自分一人で活動するには、情報集め、問い合わせ、分析など、準備から応募に至るまでに大変な労力がかかります。しかし、転職エージェントならば非公開の情報を多くもっており、幅広い求人情報の中から、求職者の条件や事情にマッチした求人をピンポイントで紹介してくれます。
担当コンサルタントによる履歴書や志望動機書など書類の作成や、面接アドバイス、条件交渉なども行ってくれるので安心です。また、コンサルタントに相談をすることで、自分では気づかなかった「本当に求めているもの」や適性などを気付かせてくれるのもメリットです。
仕事が決まると、企業側がエージェントに報酬を支払う制度をとっているため、求職者には料金がかからず、費用の心配がなく利用することができます。

今回の要点

  • 新卒、既卒、第二新卒の違いを知って、自分に合った就職、転職活動を始めよう
  • 既卒も第二新卒も、求められるのは「何をしてきたか、何がしたいのか」を伝える力
  • 仕事探しの方法に行き詰まったら、エージェントでアドバイスをもらうのもおすすめ
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン