Q31面接には、腕時計をつけていく方が良いですか?

A 最近は腕時計を使用せずに、スマ―トフォンの時計を使用する方が多くいらっしゃいます。

しかし、ビジネスシーンでは「腕時計を身につけるのがマナー」と考える方も多く、所持しているのであれば腕時計を着用して面接にのぞむのがお勧めです。

■面接で時計身につけていくメリット

面接で時計を身につけていくと、時間の確認のためにスマートフォンの画面を見ずにすみます。 機密情報管理のために、スマートフォンや携帯電話の持ち込みを禁止している企業も多くあり、スマートフォンは必要以外取り出さないように心がけたいものです。

また、急に筆記試験が行われた場合など、時計が必要なシーンに対応することが可能です。

■面接時の腕時計

面接は「フォーマル」を意識し、カジュアルな印象のものは避け、シンプルなものをセレクトしましょう。

メタル素材の場合には、金色だと時計が目立ちすぎるので銀色がお勧めです。 革素材の場合には、黒などのダークカラーが良いでしょう。

■面接で避けた方が良い腕時計

腕時計のデザインが悪目立ちしてしまうと、マイナスになるケースもあります。

▼音が鳴る時計

面接の最中に音が鳴ってしまうことがあるので、避けた方が無難です。

▼キャラクターもの

業界・業種にもよりますが、一般的にキャラクターものは子供っぽい印象を与えてしまいます。 特に理由がない場合には外しましょう。

自分が携わった作品であったり、贈り物で験(げん)を担いでいたりする場合などは、面接時にアプローチで使うのであれば、着用しても良いかもしれません。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン