Q34面接でキャリアプランを伝える際の注意点はありますか?

A 自己分析をしっかりと行い、キャリアプランを明確にするのは面接の第一歩です。

しかし、描いたキャリアプランが応募先企業で実現できなかったり、実現のハードルが高すぎたりするキャリアプランでは意味がありません。

■キャリアプランは明確に

キャリアプランは単なる「夢」ではありません。 実際の業務内容に沿っており、ミスマッチがないことが重要です。

応募先企業の職種だけではなく、配属制度や教育・研修体制などをしっかりと理解し、そのうえで自分のキャリアプランと照らし合わせてみましょう。

▼目標を達成するための計画をたてる

単に目標を設定するだけではなく、5年後・10年後にステップを踏んでいくため、どんな経験をしていきたいのか考えておきましょう。

どの部署でどんな業務に携わり、どんなことを成し遂げていきたいのか、企業のキャリアパスと併せて明確にしておくことが大切です。

働いている先輩のインタビューや、キャリアパスの例などを参考にするとイメージしやすいです。

▼具体的な行動を伝える

たとえば、将来的に海外展開に携わり、海外で活躍したいと考えている場合には、「語学力」が欠かせません。

「グローバルなフィールドで活躍することを視野に入れ、語学の習得を目指してスクールに通っています」 このように、キャリアプランを実現させるために、今どんな行動をしているのか具体的に語り、熱意がしっかりと伝わるように心がけましょう。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン