Q35面接で好印象を与えるコツはありますか?

A 面接で好印象を与えるには、以下のポイントに注意しましょう。

■話し方

話す内容だけではなく、「話し方」も重要なポイントです。

面接は自分という商品を売り込むためのプレゼンの場という面はありますが、だからといって面接官を置き去りにしてしまうのは良くありません。 相手の立場に立って考え、結論から話すだけではなく、話す内容を簡潔にし、会話のキャッチボールができるように心がけましょう。

「人の話を聞いていない」と判断されてしまわないよう、質問の内容をまずはしっかりと聞き、きちんと理解してから返答しましょう。

■立ち振る舞い

面接で受け答えの内容が良くても、立ち振る舞いで印象が悪くなってしまうケースは良くあります。

背筋はまっすぐ伸ばし、キョロキョロと色んなところを見回すのではなく、話者と目を合わせるように心がけましょう。

髪を触っていたり、モジモジしていたりするのも良くありません。 手は足の上に置き、何かを触るのは辞めましょう。

■清潔感

スーツはピシッとしていても、シャツにシワが寄っていたり、袖口にシミがついていたりすると清潔感がなく、印象が悪くなってしまいます。

また、カバンや靴の状態も、汚れていたり壊れていたりしないかチェックしておきましょう。

香水も個人の感覚に左右されるものです。 どうしても使いたい場合には、控えめにして香りもフォーマルなものを選んでください。

汗が気になるから香水を使っている場合には、面接会場付近に早く着くようにし、汗拭きシートで汗を拭きとって制汗剤を使用するのがお勧めです。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン