Q45面接でのアドリブ対応に弱いのですが、どうしたらよいですか?

A 面接で緊張してしまうから…と想定問答を丸暗記しているような方や、予想外の質問が来てしどろもどろになってしまい、失敗してしまった…といった経験をお持ちの方もいることでしょう。

面接におけるアドリブ対応は、誰もが得意な訳ではありません。
ポイントを学び、落ち着いて乗り切りましょう。

■回答は、ワンクッション置いてから

面接で何か質問をされたとき、すぐに答えを口にする方も多いですが、質問の後に「はい、それは~」といった具合にワンクッションを置くことで、落ち着いた印象を与えることができます。

アドリブでの対応が必要になったときも、これと同様です。
ワンクッション置き、ゆっくりと話すクセをつけていれば、頭の中を整理して話すことができます。

■面接を「落とす・落とされる場所」ではなく「互いを知る場所」と考える

緊張してしまい、普段通りの力を発揮することができないケースも多々あるかと思います。
ですが面接はあなたを落とすための場ではなく、お互いを知るための場です。

相手に興味を持ち、心を開くことで、緊張を和らげて会話を楽しみましょう。
自分を知ってもらおうとアピールすることだけに注力せず、相手の話を聞く姿勢を大切にしてください。
また、分からないことについては質問し、相手の意図を正確に理解することも重要です。

■事前準備をしっかりとする

企業研究や業界研究を行い、知識を十分に得ておくことで、それをベースにアドリブで回答することができます。

想定問答を考えておくだけではなく、そういったベースとなる知識を大切にしましょう。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン