Q46面接の際にアクセサリーを着けていっても大丈夫ですか?

A 面接の際には、過度なアクセサリーをつけるのは避けた方が無難です。

■男女共通

男女ともに、結婚指輪や婚約指輪、時計に関しては問題ありません。
時計はデジタルではなくアナログのものがベターです。
大きな音が鳴るものは避け、ビジネスシーンやフォーマルで着用できるものをセレクトしましょう。

男女ともにNGなのが、カラーコンタクトです。
瞳の色に近いナチュラルなものもありますが、基本的には避けた方が無難といえます。

その他のアクセサリーは、性別によって異なります。

■男性の場合

結婚指輪以外のピアスやネックレスは外しましょう。

男性の場合、婚約指輪を着用することが女性に比べてとても少ないので、派手なデザインのものは目立ち過ぎてしまう可能性があります。
デザインによっては外した方が無難かもしれません。 身に着ける場合は、左手の薬指にしましょう。

■女性の場合

結婚指輪・婚約指輪だけではなく、ピアスやイヤリング、ネックレスを普段着用している方もいると思います。
基本的には、シンプルで小ぶりなものがおすすめです。

なお婚約指輪と結婚指輪の重ね着けをすると、華美に思われることもあります。
どちらか片方にするのがよいかもしれません。

ネイルは派手なものでなければ問題にならないかもしれませんが、避けた方が無難といえます。
爪を綺麗に切り、磨く程度にとどめましょう。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン