クリエイティブ関連

WEBプロデューサー・ディレクター

WEB業界は今、変革の時代に突入しようとしています。インターネットが誕生して以来、WEBサイトは市場のニーズと共に静的なWEB1.0から動的なWEB1.5へ進化し、そして現在はWEB2.0の時代へと変遷を遂げようとしています。 そういった目まぐるしい業界の流れの中で活躍するWEBプロデューサー・ディレクターの方々は常に市場が求める技術力、クリエイティブセンスを把握し、そのスキルの修得に励まなければなりません。WEBプロデューサー・ディレクターというジャンルにおいて職務経歴書を作成する際には、上記の内容を踏まえた上で “市場で通用する自身のスキル” と “今後目指すべき、自身に足りないスキル” を明確に述べるなど、創意工夫することが求められます。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

美術大学を卒業後、WEBディレクターとしてキャリアを積んでまいりました。今後はこれまでに修得したスキルを生かし、更にレベルの高い仕事がしたいと思います。

WEBプロデューサー・ディレクターという職種は他の業界・業種とは異なり、職種名だけでは貴方の経験値を計り知ることができません。 WEBの制作工程においてどんな業務を担当してきたのか、明瞭・簡潔に記述することが重要です。冒頭部分は職務経歴書の中でも真っ先に目に飛び込んでくる場所。ここで人事担当者に「アナタ」という一度も会ったことのない人物をリアルにイメージさせることで、他の候補者に差をつける事が重要なのです。

職務経歴1

20××年×月 ~ 現在 株式会社○○○○

基本的なことですが、職務経歴は直近のものから順に記入するのが一般的です。 在籍企業については有名・無名に関係なく、その会社の特徴、概要を詳しく明記 すると親切です。また、WEB業界は特殊な世界であるため、職種名だけでは貴方のスキルを計り知ることが出来ません。そういった意味でも、上記のように簡略化した組織構成と自身の担当フェーズを記載しておくことによって、貴方のスキルレベルが更にイメージしやすくなります

■業務内容1
WEBサイトの企画・提案・制作ディレクション業務
■主な作品
・○○○株式会社 「会員向けコミュニティサイト」
 http://xxx.xxxxx.xx.xx/
・○○○株式会社 「新商品プロモーション&ECサイト」
 http://xxxxx.xx.xx/
・株式会社○○○ 「人材紹介会社コーポレートサイト」
 http://xxx.xxxxx.xxx/

プロデューサーやディレクターの仕事ほど、相手に業務内容を説明するのが難しい職業はありません。 WEBディレクターと言ってもその業務内容は会社によって様々で、呼称だけで業務内容を理解することは不可能です。 またこの職種においては “企画力” を問われるケースも多いため、企画・提案フェーズでの実績をより細かく詳細部に亘るまで記述すると尚良いですね。

職務経歴2

19××年×月 ~ 20××年×月 株式会社○○○○
■業務内容
・WEBサイトの制作業務(デザイン、コーディング作業)
・「○○○」掲載用のイベントページの企画、制作
・サイトの更新、修正業務
■主な作品
・自社サイト「○○○」の運用・更新業務
 http://xxxxxx.xx/
・クライアント向けキャンペーンページの作成
 http://xxx.xxx.xx/xxxxx/

使用言語

使用可能ソフト、言語は選考する上でも非常に重要な情報です。あなたのスキルを存分にアピールできる箇所でもありますので、出来る限り詳しく明記することが得策。HTMLの手打ちの早さには絶対の自信がある、Dreamweaverについては精通している、CGI(Perl)については理解しているなど、自身の理解レベルを相手にきっちりと伝えておくことが重要です。また、営業経験を経てディレクター、プロデューサー職に従事されている方の場合も、企画書などを作成する際にはソフトを使用するケースが一般的ですので、そういった “企画書作成用ソフト” を記載する必要があります。

自己PR

私が最も自信を持っているスキルは「コミュニケーション能力」です。 初めてお会いする方とも短時間の間で信頼関係を築くことができますし、それらの能力を生かしてこれまでも様々なビジネスシーンで貢献してまいりました。御社においてもそういった経験を生かし、業務に励んでいきたいと思っております。

よく誤解されがちですが、こういった内容はPRではありません。 誰でも何かしら人間的な魅力は持っているものですし、社会人としてビジネスに取り組む以上、こういった最低限のヒューマンスキルを保有しているということは、むしろ当然のことなのです。そういった部分をあえて取り上げ、自己PRとして記載すること自体、好ましい事とは言えません。プロデューサーとしての営業経験をPRするならまだしも、技術的な仕事を求められるプロデューサー、ディレクターなら尚更です。

転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン