経営・企画・マーケティング・バックオフィス・事務関連

営業事務

事務職の場合は、いろいろな仕事を任されることがあるかと思いますが、全般としてまとめてしまうのではなく、具体的に記述するようにしましょう。特に、専門職(たとえば経理・人事)などにシフトしていきたいと考えていらっしゃる方は、進みたい方向性に関連する業務をきちんと記述すると良いでしょう。また、事務系職種の場合はPCスキル・語学スキルもポイントです。特にPCスキルの場合はどのくらい使えるのか、具体的な記述をするようにしましょう。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

入社以来3年間、営業5名のアシスタントとして従事してまいりました。

職務経歴が一目でわかるように要約を明記することをお奨めします。最初の要約が魅力的な職務経歴書こそ、最後まで読まれ、書類選考の通過率も上がります。

職務経歴

20XX年X月 株式会社○○入社

会社概要の記載:事業内容・設立年月・資本金・従業員数を記載します。事務職の場合、異なる業界へ転職する場合も多いので、必ず記入しましょう。

■業務内容
営業第2部 自動車チームに配属

何人の営業を何人のアシスタントでサポートしていたかもポイントですので、 具体的な人数を含めて明記しましょう。


営業アシスタント業務全般に従事

事務と一言でいっても、会社によって行う業務は異なります。担当していた職務は“全般”で要約せず、詳細に記載ましょう。


そのほかに、電話応対、来客応対等なども従事
20XX年X月 一身上の都合により退社

保有資格/特技・スキル

営業事務職・一般事務職におけるPCスキルは、重要なアピールポイントです。 何のソフトをどこまで使用可能かは、細かく記載する必要があります。その他、資格・語学力等、自己研鑽としてアピールできるものがあれば、記載しましょう。

自己PR

今まで、笑顔を絶やさず、何事にも一生懸命がんばってきました。また、間違いの無いように、確認は怠らなかった結果、お客様や営業からも何度も確認をしなくて済む、処理が早いと信頼を得る事ができました。 これからも、同様に頑張っていきたいと思います。

自己PRは、職務上、身につけたスキルや仕事に対する姿勢など実務的なコメントを盛り込んだ方がいいでしょう。

「経営・企画・マーケティング・バックオフィス・事務関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン