経営・企画・マーケティング・バックオフィス・事務関連

法務

法務関連の求人動向は、ここ数年ニーズがとても高くなっています。 その背景は、契約法務関連では、ビジネスの立ち上げ、企業再編などの積極的経営戦略が展開していることであり、商事法務では、事業のグローバル化による海外進出、M&Aの活発化、コンプライアンス関連では、新しい法律の制定、社内不祥事などの理由があります。 また、知的財産関連では、技術特許など知的財産の重要性に対する認識の高まりが考えられます。 一方、求める人材においては、契約法務(各種契約業務)、株主総会、取締役会関連企業再編など企業買収、合併の際の関連法規、法令順守、企業の不祥事など背景、企業倫理、コーポレートガバナンス、リスクマネジメント、個人情報保護などの経験者に対する希望が多くなっております。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

法学部を卒業以来、一貫して法務関連のキャリアを積んできました。

これまでの経歴の要点が一目でわかるように、経験職種のキーワードを中心に簡単に説明してください。忙しい人事担当者にいかにインパクトを与えるかは、この部分にかかっています。

職務経歴

19XX年X月~ 現在 ○○○○株式会社

どの程度の規模の会社、どのような職場で勤務していたかを記載してください。

■業務内容1
19XX年X月~ 19XX年X月 法務部に配属
契約業務、コンプライアンス、株主総会準備、商業登記などを経験。また、M&Aも経験があります。

担当業務を分野ごとに整理し、具体的に記載してください。特に、法務職では、「契約法務」「商事法務」「知的財産管理」「訴訟対応」「コンプライアンス」などがキーワードになります。

■業務内容2
19XX年X月~ 19XX年X月
契約業務、上場に関する諸手続、知的所有権関連。
特許関連にも携わりました。
株主総会業務も経験があります。

経験の中に、IPO(上場準備)等の経験があれば記載してください。

保有資格

第一種衛生管理者他

資格、特に法務関連の資格があれば記載してください。語学力につき、TOEIC等のスコアはなくとも、語学に問題ないようであれば記載してください。

PCスキル

Word、Excel、PowerPoint

自己PR

常に新しいことに興味を持ち、積極的に取り組んで参りたいと存じます。

自己PRには、業務に関連した社外活動も含め具体的なエピソードを書き添えましょう。

「経営・企画・マーケティング・バックオフィス・事務関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン