経営・企画・経営企画・バックオフィス・事務関連

経営企画

経営企画職の場合、カバーする業務領域が多岐に渡る為にどうしても広く浅く記述してしまうことになりがちです。広く浅く記述してしまうと、自分自身の特徴が曖昧に映ってしまいます。よって、幅広い業務領域の中でも、特に自分自身が注力してきた領域、時間を要した領域、得意な領域、今後活躍して期待領域などを具体的な固有名詞と数字を使ったファクト・ベースで極力記述するように心掛けて下さい。例えば「経営計画立案」といった単純な記述よりも、「中期(3ヶ年)経営計画立案(特に財務戦略とマーケティング戦略の立案に注力)」といった記述の方が採用担当者にインパクトを与えることができます。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

中期経営計画策定、IR、取締役会用資料作成等経営に関与する仕事に従事してきました。

経営企画の扱う領域は多岐に渡るため、概要/要約を記述しておくと良いでしょう。特に自分自身の得意領域についてはしっかりとアピールしておくと書類選考の通過率が大幅にアップするはずです。

職務経歴

○○○○株式会社(19XX年X月~現在)

職務概要の記述の前に、会社についての概要を記述しましょう。
業種:会社規模などは、職務内容にも大きく関わることです。

■業務内容
光ファイバー事業全般担当、光ファイバー/ケーブル事業とりまとめ
・予決算管理
・中期計画
・操業計画
・広報関連
・重大クレームの処理
・内定者/新人教育資料
・各種資料作成

それぞれの事項に対し、全般的な記述だけではなく、具体的な業務も記述しましょう。
経営企画のようなコーポレート・スタッフは業務成果が見えにくいので、しっかりと記述しておくと良いでしょう。具体的な内容を固有名詞と数字を使って記述しておくことで人事採用担当者にアピールすることが可能になります。

保有資格/特技・スキル

・19XX年 X月 普通自動車免許 取得
・20XX年 X月 TOEIC 695点

自己PR

現職場にて、光ファイバー・ケーブルの事業計画全般を担当し、現在は、光事業の建て直しに従事しています。

自己PRについては職務から得たことを元にどのように活かしたいかということを記述すると、前向きな気持ちが伝わります。

「経営・企画・マーケティング・バックオフィス・事務関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン