建築・土木・設備関連

土木設計、調査

業務経歴をアピールしてください。建設コンサルタントの人材需要はゼネコンに比較し活発です。大手も含めて新卒採用を控える一方、技術士等の有資格者の中途採用を活発に行っているように感じます。業務経験が豊富な方は、業務名リストを作成するだけでも十分専門知識をPRすることが可能です。職務経歴書の書き方に自信のない方にはお勧めです。企業が求める人材を知ることが出来れば、求人内容に近い業務を詳しく記入し表現したいところです。書類選考は採用担当者だけでなく現場の管理職が判断します。専門用語は通じますので、日常業務の報告書を書くイメージで自然体で作成することをお勧めします。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

新卒採用で道路部に配属され、xx年間勤めました。その後は、道路詳細設計をX年間、交通計画をX年間経験し、現在に到ります。

要約では配属部署履歴ではなく、職種に関係した具体的な経験を簡潔にまとめましょう。文章にしてまとめることにより、自分が具体的にどんな経験を持っているのか・何ができるのかを、人事担当者に伝えられます。

職務経歴

19XX年4月~  株式会社○○○○

どのような業務内容、規模の会社か採用担当者が一目見てイメージできるように記入してください。内容は上記の要約と下記の経歴で判断できますので、会社名、資本金、従業員数が書いてあればいいと思います。

■業務内容1
20XX年10月~現在に至る
・道路設計および管理
・若手技術者の育成研修企画・実施
■業務内容2
19XX年4月~20XX年10月 道路部道路設計課配属
・道路設計に関する資料収集、設計補助

入社直後の補助は当たり前です。建設コンサルの場合、次の項目を書くことでどのような業務内容で経験を積んできたかがPRできます。記入項目:業務名称、発注者、受注金額(概算)また、この期間に取得した資格を書くことでまじめに仕事に取り組んだことをPRできます。

保有資格/特技・スキル

・技術士(建設部門)

他にも保有している資格はありませんか?応募する仕事によって「資格やスキル」を書きましょう。TOEICなど語学のスキルなども記入すると良いでしょう。 特にない場合は、記載する必要はありません。
CADスキルは具体的に記入してください。(印刷、図面修正が出来るレベル等)

自己PR

人前に出るよりも、縁の下の力持ちとしてコツコツこなす仕事が得意です。

必ずしも自己PR欄を設ける必要はありませんが、経歴書だけでは伝えづらい得意分野や、仕事への熱意を書くことも効果的でしょう。ただし、アピールしすぎは逆効果です。あくまで簡潔に!

「建築・土木・設備関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン