コンサルティング・金融・不動産関連

不動産管理・営業

近年の不動産業界は、土地の仕入・建物の売買・仲介から金融業界とも通じる、不動産の流動化・証券化と建物管理の分野と幅広い業界です。 求人会社がどのような経験を求めているか考え、求人企業のニーズに合った職務経歴書を作成することは、重要なポイントになります。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

○○会社に入社しX年ビル管理部に所属し、XXを経験しその後営業部に異動、XXの業務を経験し現在に至っております。

要約では配属部署履歴ではなく、職種に関係した具体的な経験を簡潔にまとめましょう。文章にしてまとめることにより、自分が具体的にどんな経験を持っているのか何ができるのかを、人事担当者に伝えられます。

職務経歴

XXXX年4月 在職中 ○○○○株式会社

どんな会社で勤務していたのか、人事担当者が一目見てイメージできるように「事業内容」、「従業員数」、「資本金」、「売上」、「設立年」を記入してください。

■業務内容
19XX年10月~現在 営業部課長代理 部下 X名
不動産物件の企画・管理運営業務

職務経歴書は、求人会社がどのような「スキル・キャリア」の人材を求めているか、企業のニーズに合わせて強調すべきキャリアは詳しく、あまり必要でない部分は簡単に記入する。

 

保有資格/特技・スキル

・普通自動車免許

他にも保有している資格はありませんか?応募する仕事によって「資格やスキル」を書きましょう。TOEICなど語学のスキルなども記入すると良いでしょう。 特にない場合は、記載する必要はありません。

自己PR

人前に出るよりも、縁の下の力持ちとしてコツコツこなす仕事が得意です。

必ずしも自己PR欄を設ける必要はありませんが、経歴書だけでは伝えづらい得意分野や、仕事への熱意を書くことも効果的でしょう。ただし、アピールしすぎは逆効果です。あくまで簡潔に!

「コンサルティング・金融・不動産関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン