電気・電子・半導体・機械・メカトロ関連

サービスエンジニア

サービスエンジニアが職務経歴書を作成する場合に重要な点は、電気系の知識・機械系の知識を分かりやすいキーワードを使い簡潔に記入することです。取扱製品・アプリケーションソフトの使用経験・資格は必ず記入してください。(※今までの経験から応用できる技術を自己アピール等につけ加えることも必要です。)あなたの持つ要素技術が、企業のニーズにどれだけマッチしているかが重要になってきます。また顧客との折衝経験、提案改善・クレーム対応(ユーザーサポート)に関する取り組み、他部署との連携業務の経験は、ヒューマンスキルを問われる職種ですので、大いにアピールすべきことです。技術スキル+顧客サービスに関する記述が、サービスエンジニアの場合、最大の武器になります。

職務経歴書

20XX年X月X日現在
氏名:名前名前

要約

電気制御の○○機、イメージスキャナー等の機器の保守作業・ユーザーサポートに5年従事し、その後分析機器の技術サービス部員として、納品・立ち上げや修理を行い、電気・機械の知識を身につけました。

サービスエンジニアは、幅広い能力・経験が問われますので電気・機械だけでなく、電子系製品を扱ったことがあれば必ず記入する。また、マネージメント経験や語学スキルも同時に記入することが望ましい。

職務経歴

勤務先名 ○○○○株式会社 19XX年X月~現在

会社の規模・事業内容が一目見て分かるように箇条書きで記入する。事業内容においては必ず記入すること。

■業務内容1
20XX年X月~現在 技術サービス部配属(取扱製品)○○○○
・○○○分析装置の納品・修理を担当
・○○装置立ち上げ作業

クライアント先と取扱製品は全て記入し、「○○装置立ち上げ作業」はどの国・どの地域においてかを明記。技術スキルだけでなくマネージメント経験の有無も記入すること。

■業務内容2
19XX年X月~20XX年X月 カスタマーサービス部配属 (取扱製品)○○○○
・印刷機、電子○○機の修理、保守点検作業。
・自動○○機の修理、保守点検作業
・イメージスキャナーの修理、保守点検
・海外とのやりとり

配属部署が変われば時系列で記入し、そのつど配属部署・取扱製品を記入する。「海外とのやりとり」と省略するのではなく、どこの国・どんな相手と何をしたのかを細かく記入すること。出張の有無なども記入すると望ましい。

 

保有資格/特技・スキル

・TOEIC 700点
・第一種普通自動車運転免許

保有資格には取得年月を記入すること。資格は無いが知識・技術があるものに関しては【備考】などの項目をつくりアピールする。役職・マネージメント人数を記入することも望ましい。

自己PR

技術サービス・フィールドサービスという職務において、化学・電気・機械の知識習得に順応し幅広い経験をしてまいりました。また

技術的なスキルはもちろんだが、サービスエンジニアとして対顧客との関係を記入することが重要。 例)「技術力だけではなく顧客との信頼関係も構築できるエンジニアとして今後幅広い分野で活躍ができると確信しております」

「電気・電子・機械・メカトロ関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン