その他英文(レジュメ)関連

ITエンジニア(英文)

一般的には、1.略歴(Summary of Qualifications) 2.Computer Skill 3.Work Experience 4.Educationの流れで組み立てます。Personal Dataはレターヘッドのような体裁で記載する事が多いです。システムエンジニアの英文レジュメでは、和文の職務経歴書以上に「ITスキル」が注目される傾向がありますので、1.OS 2.Language & Tools 3.Network 4.Databaseを1ページ目に明確に記述する必要があります。和文レジュメと比較すると、担当したプロジェクトの内容を書くよりも、自身の技術的な強み、実績を打ち出す傾向があります。

X,June,20XX

【Summary of Qualifications】

・Able to work individually or as a team, and possess great analytical and problem solving skills.
・Currently looking for an IT networking infrastructure position.

職種の希望だけでなく、自分の能力を細かに記入しアピールしてください。英文レジュメの構成上、 冒頭に自己PRを兼ねた略歴を記入しましょう。

【Employment History】

Apr 2001 - Present  Company A  Nagoya, Japan
Position: IT network assistant

経歴は直近のものから記入するのが望ましいです。また、職種だけでなく、職務期間や業務内容等、具体的に記入してください

Jun 1997 - Mar 2001  CompanyB  Bangkok, Thailand
Position: Software programmer/Systems Engineer
Sep 1992 - May 1997   CompanyC   Kanagawa, Japan
Position: Network Systems Engineer

青年海外協力隊を通じて得たものを記載すると良いでしょう。

 

【Computer Skills】

OS: Windows 3.X/95/98/NT/2000/XP/UNIX

コンピュータスキルはOS、使用言語、ネットワーク等の詳細を必ず記入 しましょう。また、資格取得年も忘れずに書きましょう。

【Personal Awards/Strengths】

・English level: Advanced  TOEIC score: 890
・Awarded Top Software Programmer in Software Sports
・Received 2nd place in the Annual Southeast Asia IT Network Competition
・Friendly, 110% committed, flexible, punctual and organized.

コンピュータスキルはOS、使用言語、ネットワーク等の詳細を必ず記入 しましょう。また、資格取得年も忘れずに書きましょう。

【Self Promotion】

非常にまじめで几帳面な性格です。

要約に自己PRを含めた場合、改めて記入する必要はありません。

「その他英文(レジュメ)関連」カテゴリの職務経歴書サンプル集
転職ノウハウ 職務経歴書や面接であなたの魅力を最大限に伝えられていますか?後悔しない転職活動のコツ伝授します!
転職ノウハウ
トップに戻る
会員登録
ログイン