研究員:製剤開発研究業務

社名非公開

募集要項

仕事内容

【職務内容】
研究開発中の医療用医薬品(低分子、ペプチド、バイオプロダクト、核酸等)に関する、以下の業務に代表される製剤研究開発
・処方設計、IND/NDA業務、工業化プロセス開発、技術移転(国内外CMOへの技術移転含む)、製剤技術基盤研究

【入社後予定されている業務内容】
製剤研究所に所属し、製品開発のプロフェッショナルとして、研究開発段階にある化合物の製剤研究開発を担当いただきます。主な業務内容は、開発化合物のプレフォーミュレーション、製剤処方設計、製法設計、工業化、治験薬製造のための技術移転、そして製造販売承認申請対応となります。取り扱う化合物は低分子化合物に限らず、ペプチドや核酸等の中分子や、抗体などのバイオプロダクト等が含まれます。剤形としては、コンベンショナルな経口剤や注射剤はもちろんですが特に剤形範囲を制限することなく、デバイス等の医療機器の活用も視野に入れ、化合物のポテンシャルを最大化できる剤形を提案しデザインしていきます。これらの業務を遂行するためには、社内の様々な部門と連携しながら進める必要があります。またグローバル開発が基本路線となっていることから、海外子会社や海外CMO等との協業も多く、常にグローバルな視点で業務に取り組んでいただきます。

【入社後のキャリアパスの可能性】
業務に必要な専門知識を磨くことができるように、国内外の学会や研修に積極的に参加することを奨励しています。また海外子会社と協働して医薬品の研究開発をより効果的に進め、且つグローバルな視点で考動できる人材を育成するために、海外子会社への短期或いは長期の派遣の機会もつくっています。更に立候補制による海外留学公募制度や他部門への短期派遣制度もあり、自ら挑戦する人には様々な成長の機会を提供しています。
長期的なキャリアパスについては、専門性をより高め個人の力で成果を出すスペシャリスト人材、あるいは組織力を最大限に活かして成果を出すマネジメント人材があり、各人の資質や希望を踏まえて、上司と相談しながらキャリアパスを描いて頂く事が可能です。

勤務地

大阪府

年収

600万円 〜 1,000万円まで

給与・待遇

【給与】
■年収
600~1000万円
※年収は裁量労働手当を含みます。経験、前職等を考慮し決定します。
■昇給:年1回(7月)
■賞与:年2回(7月、12月)

【勤務時間】
9:00~17:50
裁量労働制(上記時間を基本として本人が決定)
※在宅勤務制度:あり(適用を認めた方に限り月5日まで)

【諸手当】
裁量労働手当、通勤手当、住居手当(世帯主のみ)

【通勤交通費】
全額支給

【自動車通勤】
不可

【保険】
各種社会保険完備
退職金制度

【待遇・福利厚生】
社宅制度、産前・産後休業、育児休業、配偶者出産時育児休暇、介護休業、
両立支援制度(営業職)、財形貯蓄制度、住宅融資制度、従業員持株会、共済会、カフェテリアプラン

カフェテリアプラン/メニュー例: 宿泊費用補助、スポーツ施設利用補助、資格取得費用補助、通信教育費補助、 保育園・託児施設利用補助、介護サービス利用補助、 人間ドック補助(本人・家族)、財形住宅貯蓄補助、アニバーサリープランなど

【試用期間】
3ケ月

休日・休暇

年間休日:126日
有給休暇:13日

【休日】


祝日有給休暇13日~20日
休日日数126日
完全週休2日制(土日祝)

【休暇】
夏期休暇
年末年始休暇
慶弔休暇有給休暇
GW、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔などの特別有給休暇、特別積立休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇

応募資格

【必須の能力・資格・経験】
・新薬メーカーにおける製剤開発研究の経験3年以上
・理系修士卒以上
・英語によるコミュニケーションが十分できる方(TOEIC:750点以上相当)

【あると望ましい能力・資格・経験】
・海外留学或いは海外派遣経験
・TOEIC:860点以上相当
・医療用医薬品の製造販売承認申請経験、製剤工業化経験
・特許出願経験
・次の専門知識(DDS、核酸医薬、抗体/ADC製剤開発)
・投与デバイス等の医療機器の開発経験

【語学力】
あれば尚可

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

詳細は面談時にご説明いたします。

業種

メーカー(医薬品・化粧品)

更新日 2020/02/25
この求人の取り扱い人材会社

マンパワーグループ株式会社