発展する子育て支援事業の組織運営部門のマネージャポジションをご検討ください。

社名非公開

募集要項

仕事内容

関東を中心に120拠点を持つ組織のスムーズな運営を手掛けるコーディネート
ポジションのマネージャとしてマネジメントを行っていただきます。
現在5名いるマネージャポジションの増強での求人です。
運営部では、保育園・発達支援施設が円滑に運営できるよう、様々なサポートを
行っています。
行事面においては、宿泊を伴うキャンプ・田植え・稲刈りについては、旅行会社
や宿泊先との調整役等を行っています。
保育面においては、各施設長の保育経験に合わせ、得意分野を他園へ展開したり、
不得意分野を他園の施設長より指導を受ける調整役などを担いながら、
グループ全体の保育スキル向上に貢献します。

業務内容
まずは、5拠点前後を担当いただき、現場の運営効率化、保護者・クライアント
対応をお任せします。
もちろん一人で全て出来るようになるまでには時間がかかると思いますが、
その間は同じ部署の仲間や上司がサポートを行います。
【具体的な仕事内容】
・各拠点の園長以下のスタッフ管理、メンタルケア        
・園を円滑に運営するためのあらゆるサポート      
・各拠点の年次予算作成、予実管理(児童募集含む)、会員管理(CRM)、
 安全・衛生管理、行事の運営管理
・保護者様からのご意見、ご提案対応      
・クライアントからのご意見、ご提案対応
・各自治体の対応(監査対応含む)      
・園からの配布物の内容チェック、園作成書類の回収チェック

勤務地

本社:渋谷区渋谷
最寄駅は、渋谷、表参道

年収

450万円 〜 750万円まで

給与・待遇

年収 450~750万円、※経験・能力によってご相談
役職手当
賞与:年2回支給(2.4~2.6ヶ月)
退職金:確定拠出年金制度
手当:通勤費(月5万円まで)、
勤務時間:9時から18時

休日・休暇

休日:完全週休2日制度、年次有給休暇(初年度入社日より10日)   
   年末年始、季節休暇、アニバーサリー休暇、育児介護休暇、慶弔休暇     
   年間休日125日
福利・厚生:社会保険完備(労災、雇用、健康、厚生年金保険)   
      慶弔休暇、育児・介護休暇託児補助、短時間勤務制度、時
      間固定勤務制度、各種研修

応募資格

必要な経験
・大学卒業以上 
・3年以上の社会人経験
・複数拠点(同時3拠点以上)のマネジメント経験(SV経験)
歓迎する経験
・人材業界、飲食店SV、百貨店アパレル営業、子供服、バック、靴、帽子などの
 雑貨営業、
・女性のマネジメント経験、複数拠点管理経験、
(派遣会社等での営業やコーディネーター、BtoC業を担当する紹介会社の営業)
・小売業、サービス業等の顧客対応を中心とした業界
求められる人物像
・ホスピタリティマインド、自責性、忍耐力、フットワーク力、スピード感、
 ストレス耐性、コミュニケーション力
・傾聴力、共感力、提案力、仲間のために尽くせる人
・一緒になって考え、解決を導く根気強さ。突発的な案件を乗り越えるスピード
 感と辛坊強さ。
・アクティブかつポジティブシンキング。※女性の多い職場であり、営業終了後
 の面談、人の間に入ることが多いポジションのため、ストレス耐性
 コミュニケーション力が非常に要求されます。

募集年齢

27歳以上 40歳以下

【制限理由】
定年年齢を上限として、労働者を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

1998年設立、人間力を育てることをモットーに認可保育所、駅型認証保育所、
事業所内保育所、院内保育所の運営
時代の趨勢としての駅前保育必要性の増大という環境を十分理解した上で、
自然に親しみ、対話することにより、考える力を養い、自分で判断できる人間を
育てる保育を実践しています。
1998年にスタートしてから現在では120事業所に発展しており、メンバーも
2,000名弱と成長しています。
事業所のエリアは関東が中心ですが、東北、九州、沖縄にも進出しています。
自家消費のためのコメ作りを新潟県南魚沼で行っています。
更にこのコンセプトと事業が両立する運営を関東地区で発展させ、子育て事業の
未来を開くことを目指します。

業種

教育

設立

1998年

企業規模

1000人以上

更新日 2020/11/12
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

ブレイン・インターナショナル株式会社

岩渕 毅(イワブチ タケシ)

  • 男性
  • 73歳
  • コンサルタント歴33年

当社のモットーは「人間のより良い環境の創造」、自分自身の創造です。

学卒後は外資系の時計メーカーで仕事をしていました。縁あって、当時数少ない人材会社に出会い、その後、会社を設立して37年目、当初は私自身も若く、当時活性化に向っていたエレクトロニクス市場を中心に、同年代の人達と「自分の人生とキャリアをどう創っていくか、そのために転職は有効か」という角度から話を進めていくことが多かった様に思います。
現在ではゼネラルマネージャから若手の専門家まで対応する幅も広がり、対応する内容も多岐に渡るようになりましたが、基本的には転職は自己実現の場だと考えており、その人が自分をより表現出来るようにするにはと言う角度から一つ一つ話し合う様努力しています。そういう意味ではこの仕事は数の仕事ではなく、質の仕事だと考えています。
物事は常に相対的に捉えることが重要と考え、プロセスを重視しています。と言っても、常に、「日々反省これあり」の世界に住んではいますが。
仕事については、紹介する個々人を良く知る事。担当している業界及びその技術を良く知る事。紹介先の企業を概要だけでなく、構成している人格も含んで捕らえる事。を基本としています。