GNC 機器シニア電気エンジニア

社名非公開

募集要項

仕事内容

宇宙機の AOCS(姿勢・軌道制御系)/GNC (航法・誘導・制御)に用いる電子機器の開発、設計と検証をチームのリーダとして実施する。
GNC の立場で、システムレベルの設計を支援する。:事例として、FMECA (Failure Mode, Effects, and Criticality Analysis)、及び FDIR (Failure Detection, Isolation, and Recovery)のプロセス、設計、システム試験・検証計画等の定義
GNC の機能性能を実現するハードウェア構成をトレードオフし、全体のアーキテクチャを決定する。
GNC の機能性能を実現する組み込みソフトウェア構成をトレードオフし、全体のアーキテクチャを決定する。
GNC 電子機器の仕様書を作成し維持管理する。
GNC 電子機器の ICD (Interface Control Documents)を作成し維持管理する
他サブシステム及びシステムの設計者に協力、協働する。
GNC 機器およびサブシステムの試験を計画、準備し、実施を指揮する。
機器レベルの環境試験(振動、熱真空・サイクル)及び電気試験を実施する。
機器のベンダや製造業者と協働する
調達部門のエンジニアと協働し、調達する GNC 機器をトレードオフし、選定する。
チームの若手エンジニアの指導、ならびにチームメンバに対し助言を行う。

勤務地

墨田区

年収

600万円 〜 800万円まで

給与・待遇

健康保険 厚生年金保険 雇用保険 労災保険 
通勤手当(会社規定に基づき支給) 屋内全面禁煙/喫煙室無

休日・休暇

年間120日以上
土日祝、年末年始5日
有給休暇

応募資格

必須:
AOCS または GNC システムの電気エンジニアとして、実際の宇宙機の設計、解析、試験の実施に 10 年以上の実務経験を有すこと。
以下のいずれかの経験を有すこと
デジタル機器/回路の設計、解析の経験。
アナログ機器/回路の設計、解析の経験。
デジタルアナログ混在機器、回路の設計・解析の経験。
組込ソフトウェアの基礎知識を有する
GNC 構成設計におけるハードウェア、ソフトウェアのトレードオフの経験を有すこと。
英語力 TOEIC 600 点以上.
機器調達先、製造元との交渉のためにビジネスレベルでの日本語能力を有する。

歓迎:
宇宙システムを含む、高度な信頼性と安全性を求められるミッションクリティカルなシステムの機器やサブシステムの設計、実装、試験等に、電気技術者として 20 以上の経験を有すこと
MPU を含む宇宙システムの搭載電子装置の開発経験を有する。
Verilog-HDL / VHDL.を用いた FPGA のロジック設計の経験を有する。
FMEA (Failure Mechanism and Effects Analysis) / FTA (Failure Tree Analysis) / FDIR ((Failure Detection, Isolation, and Recovery)に関し実務的な知識経験を有する。
SPICE 及び Scilab 等を使用することができる。
EMC (Electro Magnetic Compatibility)に関する基本知識を有する。

募集年齢

18歳以上 60歳以下

【制限理由】
技能・ノウハウの継承の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

宇宙開発ベンチャー企業

業種

メーカー(機械)

設立

2010年代

企業規模

1-99人

更新日 2021/03/22
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

株式会社GNNキャリア

宮澤 里志(ミヤザワ サトシ)

  • 男性
  • 52歳

自身の経験より、経営層・管理職については、紹介させていただく企業様の社風や募集背景等の情報も含めてご案内をさせていただきます。

日本の「技術」に夢と憧れを抱き続けています。
アジア諸国への海外出張ならびに海外駐在にて、改めて日本企業の持つ特有の強みや良さというものを体感することが出来ました。ありふれた表現にはなってしまいますが、ひとりひとりが普通に力を発揮しているポジションの組み合わせによって全体の力が相乗的に増加する、というのがそうした経験から導き出された私の目指す姿であります。
一方で日本以外の国々の企業が持つ強みや特性も理解することができました。ひとつの慣習やものの見方に決してとらわれることなく、広い視野と受け入れる心を持って接していくことの大切さを学びました。
皆様には、GNNの社名の由来である「義理・人情・浪花節」のポリシーでご対応をさせていただければと思っております。