東京【クオンツアナリスト】FX会社

社名非公開

募集要項

仕事内容

【職種】専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業)
【職業】金融専門職(証券)

【仕事内容】
取引高業界トップクラスの同社において、投資のために過去の株式や債券の相場状況や、経済・市場全体について分析いただきます。
リアルなユーザーの動向を分析し、事業反映できるやりがいのある業務です。

ー具体例ー
・クオンツアナリスト業務
(市場分析、資料作成、経営層へのレポーティング)
・ディーリングアルゴリズム開発
(アルゴリズムの開発・市場や取引動向の統計分析)
・高頻度データ分析・研究
(高頻度データ統計分析、外部研究機関との連携)

-ポジションの魅力-
・部内には、大量の実データを分析し、アルゴリズムの研究・開発を行う傍ら、大学に所属する者もおり(現在、東大講師と慶応客員研究員の2名)、アカデミックと実際に収益を上げる現場との両方に携われる環境です。

・従来のファイナンス研究分野に閉じることなく、アカデミックな最新研究を取り入れながら、データ分析×ファイナンスの専門的知見を持った者同士でアドバイスしあい組み合わせることで、より実践的で新しいロジックの開発に挑んでおり、その結果のアカデミックへの還元についても積極的に取り組んでいます。

【募集背景】募集枠:1名

勤務地

【勤務地】東京都千代田区
 <アクセス>
 ・「永田町駅」直結
 ・「赤坂見附駅」より徒歩すぐ
 ・乗り入れ路線:半蔵門線、南北線、有楽町線、銀座線、丸の内線
【喫煙環境】受動喫煙対策:屋内喫煙可能場所あり
【転勤の有無】無し

年収

800万円 〜 1,200万円まで

給与・待遇

【雇用形態】正社員
【試用期間】有り (3ヶ月)
【試用期間に関する補足事項】-
【就業時間】10:00〜19:00
【休憩時間】60分 
【時間外労働】有り 月平均20時間程度
【残業の有無に関する補足事項】-
【賃金制度】年俸制
【裁量労働制 固定残業代制】どちらでもない
【待遇条件・昇給賞与】
 ■給与■
 年収には、固定残業手当含む(時間外45時間、深夜23時間分)
 上記年収の場合、月93,280~279,280円
 ※上記時間を超えた場合の残業手当有

 フレキシブルタイム始業時間:午前6時~午前11時
 フレキシブルタイム終業時間:午後2時~午後10時
 コアタイム:午前11時~午後2時

【福利厚生】
・各種社会保険
・交通費(全額支給)
・確定拠出年金
・資格取得奨励金
・研修制度
・社内交流費補助(社内交流促進のため月5000円まで飲食代を補助)
・表彰制度、健康診断、インフルエンザ予防接種、慶弔見舞金
・マルチディスプレイ、バロンチェア、リフレッシュルーム、無料自販機、無料即席みそ汁

休日・休暇

【年間休日数:124日】
・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・年末年始(12/29~1/3)
・夏期休暇 (7/1 ~ 11/30の期間に3日間)
・年次有給休暇 (10日(初年度)~最大20日)
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・休んでファイブ(2年ごとに5日間のリフレッシュ休暇/勤続2年以上対象)
・看護休暇(子供の看護のため年5日間有給で取得可能)

応募資格

【必須要件】
・金融業界での実務経験5年以上
・ディーリングアルゴリズム開発に携わったご経験
・クオンツ手法を用いた、ディーラー・ファンドマネジャー・アナリストのご経験
・統計分析経験のある方
(Python、R、SAS、S-PLUS等の経験があると尚可)
・統計分析の結果をビジネスに活用することに興味がある方
・FXに興味がある方

【歓迎/尚可】
・研究論文が書ける方
・CMA,CFA,MBA保有者

【求める人物像】
・人当たりが良く、ビジネスセンスがありそうな方
・円滑なコミュニケーション能力が取れる方
・能動的に行動できる方

募集年齢

28歳以上 35歳以下

【制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

2003年に、インターネットを通じた金融サービス事業を行うことを目的に設立されました。金融機関としてのコンプライアンス意識が徹底していて、また少数精鋭でひとりひとりがプロフェッショナルな仕事をしていることが誇りの組織です。数多くのFX比較サイトでも上位評価を受けています。

FX市場で業界トップクラスの取引高を誇り、顧客から圧倒的な支持を得ています。数多くのFX比較サイトでも上位評価を受けています。また、2018年より、FXサービスに加えて投資信託を取り扱うことにより、顧客へ新たな資産運用の提案が可能となりました。成長マーケットで、市場のポテンシャルとグループ会社のリソースを踏まえれば、チャレンジすべきことはまだ残されています。

市場について
日本では、98年の外為法の改正でFX取引が開始されました。今後1.25兆円の市場規模が見込めると言われており、FXは金融商品の中でも極めてまれな、世界の中でも日本がトップシェアをとる金融商品です。

競合優位性:仕入れ力
本ビジネスにおいて大事なことは、いかに安く銀行から通貨(外貨)を仕入れられるかです。何故ならば、その仕入れた通貨を顧客である個人に販売し、その差額を収益としているからです(個人がFXで生み出した金額の手数料を頂くモデルではなく、安く仕入れて高く売るというメーカーや商社のような発想です)
同社は、業界でも最多の16の金融機関から仕入れており、またグループ会社の信用力がある為、仕入額も他社に比べて割安で仕入れることができております。結果、競合の営業利益率が20%前後であるのに比べて、同社は50%前後という高い水準を維持出来ております。

収益モデル
通貨の取引量 ×(売値 − 仕入値)
金融機関から1ドル100円で仕入れた通貨を顧客に対して1ドル101円で販売する事での差額が利益になります(例)

その他
同業界は、財務省及び日銀が行う金融政策によってその事業環境が左右されます。つまり、極端な話、何らかの金融政策が実施されれば、少なからず為替市場にもインパクトがあるので、その政策の正否に関わらず「実施」されること自体が相場の流動化=収益の伸びに繋がります。

【重要】商品先物取引法にあたり、FX取引に従事する従業員は、FX取引ができない形となっております。

業種

証券・投資銀行

設立

2003年09月

資本金

4億9,000万円

企業規模

100-999人

更新日 2021/05/18
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

合同会社未来共創

一井 剛(イチイ タケシ)

  • 男性
  • コンサルタント歴7年

求職者の職業人生、そしてプライベートも豊かであって欲しい 。 求職者の皆さんには、家族(兄弟姉妹や我が子)に対する思いやり第一でご支援いたします。

 1959年神戸生まれ 大学院卒業後、大手繊維製造会社に入社。システムズエンジニアとしてコンピュータ技術の基礎を学ぶ。
勤務部署の業績悪化による他職種への移動の打診を断り、IT業界で働くことを職業人生と考え、外資系IT企業に移る。

 自宅を購入した翌年、阪神大震災の被災者となり、大切なものを失う。自宅と実家の二重ローン、総額一億円の借金の返済に悶々とした日々を送る。

 自分の職業人生を問い直し、IT業界で自分の専門分野の深堀をおこない、「データ中心のIT」というビジョンを見つける。このビジョンのもと、新しい技術を習得するために、外資系IT企業を4社渡り歩く。商品が変わっても同じ顧客を訪ね、新しい技術で顧客に満足を提供し続ける。

 競合企業に買収されることを機会に会社を辞め、絶対合格すると信じ続けた国家試験に失敗、浪人生活に突入。500社以上に応募書類を送り続けるも、年齢のため書類選考すら通過せず、シニアー年代の再就職の難しさを思い知る。

 視点を変えて研修業界に応募し採用、一年間の浪人生活を終える。IT系企業の階層別教育教材や大学生向け1Dayインターンシップのコンテンツ制作を担当、ファシリテーターを経験。充実した仕事人生のため、教育によりモチベーションを上げ、維持させる必要性を痛感。

 再度、IT企業に移り、営業活動のかたわら、部下のモチベーションと将来のキャリア計画の面談を継続。

 厚生労働省が推進するセルフ・キャリアドックの推進役として活動を開始。経営の問題を解決することで、企業にも従業員にも価値がある仕組みとして導入を推進している。偶然を活かしてチャンスを掴むことをモットーとしている。