東京【経理財務】責任者候補/EC/FinTech サービス会社

社名非公開

募集要項

仕事内容

【職種】管理部門・事務・企画

【職業】経理(仕訳入力、月次決算(単体)、年次決算(単体)、税務申告業務、有報・決算短信作成、税理士・監査法人対応、その他、現金出納管理)

【業務内容】
経理財務の責任者候補として、経理業務全般や部下のマネジメントなどをお任せします。当該領域において短期的な課題解決だけでなく、未来を見据えた経理・財務体制の強化を牽引していただきます。

【具体的な業務】​
1. 経理業務全般(月次・四半期・年次決算、仕訳)
2. 出納業務全般
3. 有価証券報告書・決算短信作成・開示
4. 税務申告
5. 監査法人対応
6. J-SOXに関する業務
7. 社内制度・規程類の作成・整備
8. 部下のマネジメント など

【ポジションについて】
1. 事業においては、既存事業を継続して高い成長率を保ちながら伸ばしていくことはもちろん、新規事業や海外展開など非連続的な成長を生み出すことを目指していきます。そのために事業成長を生み出す組織作りは重要な経営課題です。
2. EC・決済・金融事業を行っている同社グループでは、日常的に大量の決済・支払処理を行っており、ショップオーナーや購入者が安心してサービスを利用するために経理・財務領域は非常に重要な業務となります。
3. 同社は2019年10月に東証マザーズへ上場しており、上場企業として求められる経理・財務体制の強化も急務となっています。

【募集背景】募集枠:1名

勤務地

【勤務地】東京都港区
 <アクセス>
 ・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」直結
 ・東京メトロ日比谷線/都営大江戸線「六本木駅」5番出口より徒歩約10分
【喫煙環境】
【転勤の有無】無し

年収

700万円 〜 1,000万円まで

給与・待遇

【雇用形態】正社員
【試用期間】有り (3ヶ月)
【試用期間に関する補足事項】試用期間中の条件の変動なし
【就業時間】10:00〜19:00
【休憩時間】60分
【時間外労働】有
【残業の有無に関する補足事項】
<標準的な労働時間>
・10:00~19:00 (所定労働時間:8時間)
・休憩時間:60分
<フレックスタイム制>
・コアタイム:12:00~16:00
・フレキシブルタイム:始業 7:00~12:00、終業 16:00~21:00
【入社時想定年収】720 万円〜1000 万円
【待遇条件・昇給賞与】
・想定年収:720万~1,000万円
・交通費支給(5万円まで)
【福利厚生】
・社会保険完備
・同社ショップでの購入支援(毎月1万円)
・懇親会(毎月1回の締め会で軽食を用意)
・緊急時の支援(5日間の有給付与)
・弔事の際のサポート(親族の不幸があった際に最大5日の有給取得可※メンバーが喪主の場合は規定の日数に加えて3日)
・健康診断の費用補助(法定検査に加えて、乳がん、子宮頸がん検査、再検査の全額費用補助)
・インフルエンザ予防接種の費用全額補助
・風疹のワクチン接種休暇

休日・休暇

【年間休日数:120日】
・完全週休2日制、祝日
・有給休暇(入社日に10日付与)
・夏季休暇
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・その他各種休暇
※より詳細を知りたい方は面談や面接時にお尋ねください。

応募資格

【必須要件】
下記すべてを満たす方
・上場企業における経理実務経験(5年以上)、もしくは監査法人での会計監査の経験(5年以上)
・マネジメント経験

【歓迎/尚可】
・日商簿記1級
・公認会計士資格、税理士資格
・ベンチャー、IT企業での経理、財務の実務経験
・インターネット事業、決済事業、金融業界に精通した方

【志向性】
・ユーザーのためにこだわりを貫ける「Stay Geek」な方
・「Be Hopeful」「Move Fast」「Speak Openly」の3つの行動指針に沿ったご志向の方
  ・「Be Hopeful」楽観的でいること。期待した未来は実現すると信じて、勇気ある選択をしよう。
  ・「Move Fast」速く動くこと。多くの挑戦から多くを学ぶために、まずはやってみよう。
  ・ 「Speak Openly」率直に話すこと。より良い結論を得るために、その場で意思を伝えよう。
・同社のミッションに共感し、プロダクト成長のために淡々と課題解決を実行していける方
・インターネットが好きで、Webサービスやアプリへの強い興味・関心がある方
・オーナーシップを持って課題に取り組み、どんな部署・立場でも自らプロダクトを良くしていくために動く方
・常に変わっていく状況を楽しみ、変化に柔軟に対応していける方
・ショップさんの成長や成功、メンバーの成長や成功も喜べる方

募集年齢

25歳以上 39歳以下

【制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

選考プロセス

書類選考
 ↓
1次面接(経理マネージャー)
 ↓
リファレンスチェック
 ↓
最終面接(取締役CFO、Corporate管掌)+テスト(30分)

〈テストについて〉
・テストは簿記についての知識を問う内容となっています。
・オフライン、オンラインのどちらでも実施できる形となっています。

※リファレンスチェックは承諾いただいた方のみ実施しています。
※上記は通常フローのため、選考状況や求職者によって変更になる可能性があります。

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

サマリー
「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」をミッションに、EC/FinTech サービスを提供しています。

主力製品・サービス
1)ネットショップ作成サービス
誰でも簡単にネットショップを開設できるサービス。
初期費用・月額費用無料、プログラミング不要の手軽さからネットショップ開設数は70万超。
開設実績は2年連続No.1(2019年2月:マクロミル調査)を誇ります。

ショップ作成機能と連動したショッピングアプリも提供しており、
500万人のユーザーに向けて店舗の集客・販促が可能です。

2)ID決済サービス ※2018年1月より子会社化
シンプルなAPI、多彩な機能、分かりやすい料金体系のもと、
Web・モバイル・IoTなど様々なシーンで決済機能を導入することが可能なオンライン決済サービス
QRコードで店舗・友人との支払いに活用できる「ID決済サービス」を展開しています。

3)資金調達できる金融サービス
ネットショップ作成サービスを利用するショップオーナーが、
リスクが無く、即時に資金調達ができる金融サービス「資金調達できる金融サービス」や
スピード融資サービス「オンライン決済サービス」を提供しています。

その他
Forbesが選んだ起業家が運営する勢いのあるスタートアップ。
元々は社長の母の一言「ネットショップをやりたいけど、難しくてわからない」をきっかけにサービスを立ち上げた背景があり、スマホを手にして初めてインターネットを始めたようなネット初心者の方でも使えるサービスとなっています。

同社の事業は、”価値の交換を最適化したい”というのがすべてのテーマ。
特にEC・決済・金融の面では、いままで大きい会社しか受けられなかったような恩恵を個人などの小さな単位でも受けられるようにしようとしています。

2014年5月にグローバル・ブレインから3億円、2016年1月にはメルカリから最大4.5億円、2016年10月にはSBIインベストメント、SMBCベンチャーキャピタルなどから総額15億円の資金調達を行っています。
渋谷での実店舗運営、筑邦銀行・城南信用金庫との業務連携など鋭意的に事業領域の拡大を進めています。

業種

ネット販売・通信販売

設立

2012年12月

資本金

33億6,331万円

企業規模

100-999人

更新日 2021/02/02
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

合同会社未来共創

一井 剛(イチイ タケシ)

  • 男性
  • コンサルタント歴4年

求職者の職業人生、そしてプライベートも豊かであって欲しい 。 求職者の皆さんには、家族(兄弟姉妹や我が子)に対する思いやり第一でご支援いたします。

 1959年神戸生まれ 大学院卒業後、大手繊維製造会社に入社。システムズエンジニアとしてコンピュータ技術の基礎を学ぶ。
勤務部署の業績悪化による他職種への移動の打診を断り、IT業界で働くことを職業人生と考え、外資系IT企業に移る。

 自宅を購入した翌年、阪神大震災の被災者となり、大切なものを失う。自宅と実家の二重ローン、総額一億円の借金の返済に悶々とした日々を送る。

 自分の職業人生を問い直し、IT業界で自分の専門分野の深堀をおこない、「データ中心のIT」というビジョンを見つける。このビジョンのもと、新しい技術を習得するために、外資系IT企業を4社渡り歩く。商品が変わっても同じ顧客を訪ね、新しい技術で顧客に満足を提供し続ける。

 競合企業に買収されることを機会に会社を辞め、絶対合格すると信じ続けた国家試験に失敗、浪人生活に突入。500社以上に応募書類を送り続けるも、年齢のため書類選考すら通過せず、シニアー年代の再就職の難しさを思い知る。

 視点を変えて研修業界に応募し採用、一年間の浪人生活を終える。IT系企業の階層別教育教材や大学生向け1Dayインターンシップのコンテンツ制作を担当、ファシリテーターを経験。充実した仕事人生のため、教育によりモチベーションを上げ、維持させる必要性を痛感。

 再度、IT企業に移り、営業活動のかたわら、部下のモチベーションと将来のキャリア計画の面談を継続。

 厚生労働省が推進するセルフ・キャリアドックの推進役として活動を開始。経営の問題を解決することで、企業にも従業員にも価値がある仕組みとして導入を推進している。偶然を活かしてチャンスを掴むことをモットーとしている。