• 新着

【国内トンネル設計】「優れた技術」と「ゆとり」をもつ技術者へ<総合建設コンサルタント>

社名非公開

募集要項

仕事内容

■ワーク・ライフ・バランスの充実を目指し働きやすい職場へ改善を続けています!
■福利厚生としてさまざまなライフステージに応じた制度を充実★
■男性社員の育児休暇取得も増え、多様な働き方が浸透してきています♪

【仕事内容】
トンネル分野での建設コンサルタント業務を担当していただきます。

<具体的には…>
▼防災保全事業部 地盤技術部門(トンネル部門)
トンネル(開削・シールド・山岳)及びそれに関連する土木構造物の計画、設計、点検など

<自己研鑽ができる環境>
同社は技術職の人数がが8割以上を占めており、技術を売りにしている企業です。
自己研鑽については自身が望めば多くの機会を利用して自己を成長させることができます。
専門分野への論文投稿をしたり、業務に関連する学会に出席したり、講演会・セミナーに出て知見を深めたりしています。

<社風>
創立から60年以上、地域に密着したローカルなものからグローバルな事業までを網羅しています。
自ら手を挙げた方は積極的に登用してもらえる風土があり、意欲のある方はどんどん成長できる環境です!

勤務地

■本社:東京都中野区
■関西支社:大阪府大阪市淀川区
■広島支店:広島県広島市東区
■九州支社:福岡県福岡市博多区

※転勤あり
※入社3年経過後、勤務地限定申請可能

年収

650万円 〜 1,000万円まで

給与・待遇

予想年収:650万円 ~ 1000万円
※予想年収はあくまでも目安であり、選考を通じて上下する可能性があります。
※年齢・勤務地・人事評価結果・家族・保有資格等により変動あり

■昇給:年1回(6月)
■賞与:年2回(6月・12月)

【諸手当】
■通勤手当
■資格手当(技術士、博士号等)
■別居手当
■地域手当
■コース手当
■家族手当
■時間外勤務手当
■休日勤務手当
■深夜勤務手当 他

【勤務時間】
9:00~17:00(実働7時間勤務)
休暇:60分
※東京/大阪は9:30~17:30も選択可能
※裁量労働制無し

休日・休暇

■年間休日:125日
■週休2日制(土・日・祝)
■有給休暇
■夏季休暇/年末年始休暇/創立記念日
■育児休業・介護休業
■短時間勤務制度
■介護休暇・看護休暇
■永年勤続表彰制度(満10・20・30・40年/特別休暇・旅行券付与)
■リフレッシュ休暇制度(満5・15・25・35年/それぞれ連続5日間) 他

応募資格

【必須条件】
■トンネルに関する設計業務または施工経験5年以上(※短くても相談可)
■トンネル分野の技術士もしくはRCCMの資格(※資格取得見込の場合は相談可)

【歓迎条件】
■トンネル以外の土木構造物、斜面対策(法枠、アンカー、落石対策等)の設計、施工管理等の業務実績

【フィットする人物像】
■社会を支えていきたい方
■自己成長したい方

雇用形態

正社員

福利厚生

■各種社会保険完備(健康・雇用・労災・厚生年金)
■企業年金基金
■労災上積み保険
■各種保険団体取扱/生活習慣病支援
■借上げ住宅補助
■独身寮(東京・大阪)
■転勤費用補助
■財形貯蓄制度(一般/住宅/年金)
■社員積立貯蓄
■社員持株会
■退職金制度(確定給付年金/確定拠出年金)
■再雇用制度あり(65歳まで定年:60歳)
■育児休業・介護休業
■短時間勤務制度
■資格取得支援制度
■作業服・携帯電話等必要備品の貸与
■時間外労働の制限 他

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

日本各地(ローカル)から海外(グローバル)まで、地域のインフラの課題を解決する総合コンサルタント企業です。
地球環境や国土の保全、地域のインフラ整備の問題解決に優れた技術の発揮を通して、社会に貢献することを使命にしています。
各分野における専門家がマトリクス組織のもと、課題解決のために分野間、地域間の全体最適化をはかり、それぞれの地域のニーズに合わせたソリューションを提供しています。

【事業内容】
<技術部門>
▼道路・構造部門
▼河川・港湾部門
▼防災・保全部門
▼地盤技術部門
▼都市環境部門
▼資源循環部門
▼マネジメント部門
▼計測・補償部門
▼インフラ保全部門

<重点事業分野>
▼環境エネルギー
▼自然災害リスク軽減
▼インフラ・マネジメント
▼都市・地域再生
▼情報・通信

業種

建設(建築・土木・設備)

設立

昭和30年3月1日

資本金

20億5,688万円

更新日 2021/06/10
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

株式会社RSG

緒方 淳一(オガタ ジュンイチ)

  • 男性
  • コンサルタント歴1年

一緒に悩み、考えましょう!

建設業界に様々な角度から携わった経験や自身の転職経験を活かし、3年先、5年先・・・と皆様が成し遂げたいことや、なりたい自分に近づける転職を後押しさせて頂きたいと思っております。