東京【サーバーエンジニア】Web会議用/ビジュアルコミュニケーションサービス企業

社名非公開

募集要項

仕事内容

【職種】ITエンジニア(システム開発、インフラなど)

【職業】システムエンジニア

【組織体制】
構成:3チーム
人数:30名
年齢:20代〜50代まで幅広い年齢層

【仕事内容】
サーバーエンジニアとして、以下業務を担っていただきます。

【具体的な業務】
同社開発・同社製品となるWeb会議システムの設計、実装、新機能開発、運用保守など
※主にサーバーサイドの業務に携わっていただきます。

数千人が同時接続するサービスの運用、需要が高まるサービスに携わり、業界問わず幅広いユーザーが利用するサービスです。

【仕事の進め方】
基本期にはテレワークの社員が多いため、コミュニケーション手段として、常時接続のWeb会議室での会話、チャットツール、JIRAを用いて日々業務を行っています。
テレワークをしていてもコミュニケーションとりながら顧客要求を達成すべく活動します。

【開発環境、使用言語】
使用言語: javascript / TypeScript, React, Node.JS, HTML/CSS、PHP / Laravel
CI・テスト:Jenkins
ソースコード管理:BitBucket, Git
プロジェクト管理:Confluence, JIRA, Wrike
情報共有ツール:Mattermost

【就業環境】
効率重視・成果重視の社風であり、社員の意見を取り入れることにも積極的な風通しの良い環境です。

【やりがい・魅力】
開発エンジニア、システムエンジニアなど多様なエンジニアが集まってグループを構成しているため、一人ひとりの強み・キャリアプランを考慮して、将来的にあらゆる工程の業務を柔軟にお任せすることが可能です。
(例)
・提案から運用まで一貫して担当
・開発が得意な方は主に開発を担当いただき、その他部分はメンバーと協力して対応
・自身が対応範囲を広げたい場合は、弱い面をメンバーがサポート

【募集背景】募集枠:1名

勤務地

※東京または大阪含め、全国各地でフルリモートワーク勤務可能(ご希望に応じて決定します)
【勤務地】
本社:東京都港区
 <アクセス>
 ・東京メトロ南北線・都営三田線 「白金高輪駅」4番出口直結
大阪営業所:大阪府大阪市中央区
 <アクセス>
 ・市営地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」17番出口から徒歩1分
 ・市営地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町駅」1番出口から徒歩10分
【喫煙環境】屋内全面禁煙
【転勤の有無】無し

年収

400万円 〜 550万円まで

給与・待遇

【雇用形態】正社員
【試用期間】有り (3ヶ月)
【試用期間に関する補足事項】試用期間中も給与は同額です。
【就業時間】09:00〜18:00
【休憩時間】60分
【時間外労働】有り
【残業の有無に関する補足事項】裁量労働制
・みなし労働時間:1日8時間(休憩1時間)
 ※Web会議を活用したテレワーク勤務制度など、同社独自の勤務制度あり
【待遇条件・昇給賞与】
・想定年収:420 万円〜540 万円
・月給:350,000円〜450,000円
 ※経験により応相談
 ※月給の20%相当分の時間外手当を含みます。
 ※固定時間外手当は、22~33時間分(所定時間外労働をする曜日・時間帯、別途手当の適用によって変動)の時間外手当に相当します。所定時間外勤務がこの相当時間を超えた場合は、別途超過分の時間外手当を支給します。
・基本給改定:年2回(2月・8月※直近半期の人事考課を元に決定)
・業績連動賞与制度あり
・通勤手当 規程により実費全額支給(上限:月額3万円)
【福利厚生】
・社会保険完備(労災・雇用・健康・厚生年金)
・関東ITソフトウェア健康保険組合の直営・契約提携の保養所・施設利用 等
・健康診断時の人間ドック全額/一部補助
・婦人科検診全額補助(年齢・要件による)
・インフルエンザ予防接種(年1回、健康保険組合・会社より費用補助あり)
・確定拠出年金制度
・テレワーク手当(月額1万円)慶弔見舞金
・生命・医療保険付保(保険料会社全額負担)
・社員持株会
・社員紹介制度
・入社時転居費用会社負担制度
(引越運搬費用を15万円まで会社負担/採用ポジションの勤務地までの通勤時間が2時間超の場合)
・転勤時社宅支給制度(単身赴任時)
・託児所費用補助
・評価連動特別有給休暇(リフレッシュ奨励金支給)
・副業制度(許可制)あり
・同社システムを活用したテレワーク制度
・私服通勤可(業務によりスーツ着用)、全社表彰制度(四半期、半期、年間) など
※一部、試用期間中は対象外です。詳細は同社規程によります。

休日・休暇

【年間休日数:124日】※2020年度実績
・完全週休2日制(土・日)、祝日
・年末年始休暇
・有給休暇(初年度10日)
・慶弔休暇
・評価連動特別有給休暇(リフレッシュ奨励金付)

応募資格

【必須要件】
1.開発実務経験3年以上
2.システム設計・開発の経験
3.5名以上のチームでのシステム開発を推進・完遂できるスキルと経験

【歓迎/尚可】
・クラウドサービスのインフラ構築・運用経験
・テレワーク環境下でも高い成果をあげられる自己管理能力
・仕事に真摯に取り組み、諦めることなく成果を挙げられる業務遂行能力
・困難かつ潜在する課題を顕在化させ課題発見・課題解決能力

【志向性】
【求める人物像】
1.説明や会話することが好きな方
2.顧客視点で物事を考えられる方
3.積極的にコミュニケーションを取りチームと協調して目的達成ができる方
4.探究心、好奇心、向上心の強く、知識を深めることが好きな方
5.問題解決力をお持ちの方
※同社では全社共通の人材像としてピープルサクセスポリシーを掲げています。

募集年齢

25歳以上 45歳以下

【制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

選考プロセス

書類選考
 ↓
面接:マネージャー・サブマネージャー
 ↓
Web適性検査
 ↓
面接:本部長・副本部長
※選考時期・状況によって変更する場合があります。

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

ビジュアルコミュニケーションサービスの企画・開発・提供を行う東証一部上場企業です。

1.主力製品・サービス
映像・音声・データを双方向にリアルタイム通信することで、時間や距離、言葉の壁に制約されることなく、まるでその場にいるかのような"見える"コミュニケーションを実現するサービスです。

会議、研修、教育、医療、介護、災害対策、フィールドワーク、テレワーク、ドローン、通訳…など、ビジネスや国策などさまざまなシーンで活用されています。  
官公庁・企業含め5,000社以上に導入されており、9年連続シェアNo.1。
世界No.1のビジュアルコミュニケーションプラットフォームを目指しています。

2.収益モデル
サービスの月額利用料、導入費用、月額保守料など

3.競合優位性
FaceTime やSkype、apper in. などと比較されますが、国内シェアNo.1、ビジネス・国策で活用されるサービスとして、以下4つの大きな特徴があります。
①セキュリティ
②カスタマイズ
*クラウド型だけではなく、地銀や保険などにニーズの高いオンプレミス型にも対応
③通信の安定性
*サーバーやネットワークが不安定な時も、音声が絶対途切れないような自動補正技術
④24時間365日のサポート対応
単なるWeb会議システム、として見ると価格競争の世界に突入してしまいますが、同社技術は「動画・音声・データなどの双方向リアルタイム通信」でありさまざまなソリューションに転用が可能です。
【例】JR東日本・西日本での線路点検。スタッフの持つタブレットとコントロールセンターをつなぎ、リアルタイムで線路の不具合をレポーティング、など

業種

ソフトウェア・情報処理

設立

1998年10月

資本金

28億5,773万円

企業規模

100-999人

更新日 2021/06/16
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

合同会社未来共創

一井 剛(イチイ タケシ)

  • 男性
  • コンサルタント歴7年

求職者の職業人生、そしてプライベートも豊かであって欲しい 。 求職者の皆さんには、家族(兄弟姉妹や我が子)に対する思いやり第一でご支援いたします。

 1959年神戸生まれ 大学院卒業後、大手繊維製造会社に入社。システムズエンジニアとしてコンピュータ技術の基礎を学ぶ。
勤務部署の業績悪化による他職種への移動の打診を断り、IT業界で働くことを職業人生と考え、外資系IT企業に移る。

 自宅を購入した翌年、阪神大震災の被災者となり、大切なものを失う。自宅と実家の二重ローン、総額一億円の借金の返済に悶々とした日々を送る。

 自分の職業人生を問い直し、IT業界で自分の専門分野の深堀をおこない、「データ中心のIT」というビジョンを見つける。このビジョンのもと、新しい技術を習得するために、外資系IT企業を4社渡り歩く。商品が変わっても同じ顧客を訪ね、新しい技術で顧客に満足を提供し続ける。

 競合企業に買収されることを機会に会社を辞め、絶対合格すると信じ続けた国家試験に失敗、浪人生活に突入。500社以上に応募書類を送り続けるも、年齢のため書類選考すら通過せず、シニアー年代の再就職の難しさを思い知る。

 視点を変えて研修業界に応募し採用、一年間の浪人生活を終える。IT系企業の階層別教育教材や大学生向け1Dayインターンシップのコンテンツ制作を担当、ファシリテーターを経験。充実した仕事人生のため、教育によりモチベーションを上げ、維持させる必要性を痛感。

 再度、IT企業に移り、営業活動のかたわら、部下のモチベーションと将来のキャリア計画の面談を継続。

 厚生労働省が推進するセルフ・キャリアドックの推進役として活動を開始。経営の問題を解決することで、企業にも従業員にも価値がある仕組みとして導入を推進している。偶然を活かしてチャンスを掴むことをモットーとしている。