• 新着

【東京】内部監査/年収500~600万円/東証プライム上場・業界最大手の建設コンサルタント

社名非公開

募集要項

仕事内容


■内部監査

同社の内部監査室配属となり、ご自身のご経験や適性を加味しながら
下記の業務をお任せ致します。

(1)内部監査業務:同社及び海外現地法人を含む関係会社の内部監査業務の実施(モニタリング含む)。
(2)監査企画業務:内部監査計画の立案及び提案
(3)J-SOX評価:内部統制の整備及び運用の評価

【同ポジションの特徴】
・業界最大手、国内のみならず世界160ヶ国で幅広い事業展開を続ける
東証プライム上場企業でのご経験を積む事が出来るポジションです。
・社会的使命を持つ総合建設コンサルタントの名の下に集う専門家集団は
実に多様性、柔軟性に富んでおり、事務系においても活躍・成長できる機会が多い環境です。

・配属部署は社長直轄の内部監査部門で、各部門を横断的にチェックする役割を持ちます。
数年後には全社ホールディングス化を計画しており、変革期にあって非常にやりがいがある業務です。

【企業の特徴・魅力】
・国内最大手としての豊富な実績、業界最大級の基礎研究施設を背景とした、
取得特許、実用新案権、意匠権などの技術力、充実した人財育成プログラム等の強みを持ちます。
リモートやフレックスを初めとする働き方関連のフォロー体制に加え、
各種福利厚生や制度面も充実しており、長期就業し易い環境です。

 

勤務地


【勤務地】
本社
東京都千代田区

受動喫煙対策:屋内全面禁煙

<転勤>
当面なし

<オンライン面接>


※感染症対策につき在宅勤務励行中(原則5割出社)

 

年収

500万円 〜 600万円まで

給与・待遇


【給与】
予定年収:500万円~600万円

<賃金形態>
月給制
※給与詳細は、年齢・ご経験を考慮して決定します。

■昇給:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月、12月)※過去実績4ヶ月分

 

試用期間:4か月 ※試用期間中の条件面に変更はありません。

休日・休暇


【休日休暇】
・完全週休2日制(休日は土日祝日)
・年末年始休暇、慶弔等特別休暇
・年次有給休暇(初年度10日、最大20日※入社月に応じて入社時に付与)、半日休暇
・特別保存休暇、リフレッシュ休暇、配偶者出産時特別休暇、子の看護休暇(年5日※有給)

<年間休日日数:125日>

 


【待遇・福利厚生】
・通勤手当:全額支給 ※会社規定に基づく
・家族手当
・住宅手当
・寮社宅:独身寮・社宅完備 ※会社規定に基づく
・社会保険完備
・厚生年金基金
・退職金制度
・階層別研修:個人のキャリアステージに合わせた論理的思考トレーニング、リーダーシップ研修、マネジメント研修 等
・公的資格取得支援:技術士セミナーとして、有資格者によるマンツーマン指導 等
・海外勤務手当、出張手当
・財形貯蓄制度、持株会制度、住宅融資制度
・福利厚生パッケージサービス、保養所
・各種サークル活動
・グループ健康保険組合
・子育て支援:フレックス活用、育児休業制度(満3歳未満、最長2年)、子の看護・介護休暇取得制度、育児・出産による退職者再雇用制度、託児所の設置

 


【勤務時間】
フレックスタイム制
コアタイム:10:00~15:00
休憩時間:60分
時間外労働有無:有

<標準的な勤務時間帯>
9:00~17:30

 

応募資格


【必須】
・大学卒以上
・内部監査または内部統制の業務経験5年以上

 

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

社名非公開

会社概要・特徴

東証プライム上場/総合技術コンサルタント

業種

建設(建築・土木・設備)

企業規模

1000人以上

更新日 2022/08/11
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

株式会社リブリッジ

外山 祐也(ソトヤマ ユウヤ)

  • 男性
  • コンサルタント歴12年

■専門職求人の決定力に自信!ご期待ください!【Skype面談も実施中】

強みである営業機動力を活かして、これまでに多くの企業採用ご担当者様との面談をこなしてまいりました。そこから見出しているのは、企業毎に採用したい人材の「コア」な条件は、実は異なるということです。

私たちは、貴方になり代わって企業の本質ニーズを聞き出し、面接前にご準備いただける体制を整えております。ぜひともご一緒に転職成功を勝ち取って、新たなキャリアを積んでまいりましょう。

もうひとつの強みは、応募企業向けレジュメの作成指導や面接対策です。これらは厳密には、面接に臨む企業毎に内容が異なるはずです。私たちは、ご応募し挑戦される企業の本質的なニーズを掴んでおります。面接時にはどのような立ち振る舞いが求められるのか、どんな書類を提出することが望ましいのか、等、おさえておくべき点が多数ございますので、ご遠慮なくお申し付けください。