【神奈川】水素燃料電池MEA技術開発

株式会社水素パワー

募集要項

仕事内容

【職務概要】
水素を使った燃料電池の開発・製造を行う同社の
水素燃料電池MEA技術開発担当としての業務をお任せ致します。

【職務詳細】
・燃料電池のMEAの開発・試作


■同社の魅力:
同社は高い発電効率を実現する触媒インク、セパレータ、耐久性の高い独自のセル構造を持った車載向け燃料電池の開発、製造、販売を行います。
コストダウンを図るため、高価な触媒の削減した触媒インクを開発しています。2024年に量産を開始すべく業務を拡大しています。

■業界動向:
長年開発が行われていた水素燃料電池ですが、基礎研究での成果がでてきたことから中国を中心に世界各国の企業が参入しています。
一方で耐久性や値段の高さなど商用化に向け、課題も山積しているため各社高い技術力での開発が求められます。

勤務地

神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-43 ライフサイエンス研究センター2F

JR鶴見線「鶴見小野」駅より徒歩5分

年収

700万円 〜 900万円まで

給与・待遇

■年収:700万~1200万円
 月給制:月額460000円
 賞与:年2回
 昇給:年1回

■雇用形態:正社員
 契約期間:無期
 試用期間:有(3ヶ月)

■福利厚生:
通勤手当、寮社宅、社会保険完備、退職金制度

■勤務時間:9:00~18:00 <フレックスタイム制>コアタイム:11:00~15:00
 休憩時間:1時間

■喫煙情報:屋内禁煙

休日・休暇

完全週休2日制、有給休暇10日~20日、年間休日日数126日

応募資格

【必須】
・水素燃料電池の開発設計の経験


※おすすめポイント※
◆将来的には海外出張なども見込まれるため、
 グローバルな活躍が可能です。
◆今までのご経験を活かしながら、
 スピード感を持って商品化を目指せます

募集年齢

40歳以下

【制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため

雇用形態

正社員

【選考プロセス】

書類選考後、面接

企業概要

会社名

株式会社水素パワー

会社概要・特徴

【事業内容】水素を使った燃料電池の研究

【会社の特徴】新エネルギーの実用化に向けた研究開発並びに製品設計・販売を行う会社です。
主要市場は日本、中国です。中国では水素エネルギーを推進していますので、効率の良い燃料電池の供給が必須の課題です。
同社は、国内有名大学、中国有名大学との共同研究を行い、製品開発をします。
具体的には以下の事業を行っています。
■燃料電池発電試験評価/燃料電池セル製造技術開発
■燃料電池スタッキング製造技術開発/燃料電池スタック製造
■燃料電池に係る技術開発受託/燃料電池スタック販売

業種

メーカー(半導体・電気・電子部品)

【設立】

2019年2月

資本金

20百万円

企業規模

1-99人

更新日 2024/05/21
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

株式会社ワークポート

吉田 葵(ヨシダ アオイ)

  • 女性
  • コンサルタント歴4年

これまで【キャリアチェンジ】【年収アップ】などといった、 幅広い転職軸に沿った、ご支援をさせていただいております。

◆=================◆
    部署内MVP複数回受賞
  部署内面談満足度1位の経験あり
    全社売上1位の経験あり
◆=================◆

【過去決定実績】
◇キャリアチェンジ例◇
26歳 女性 用地仕入・不動産仕入 → 営業(インターネット広告)
40歳 男性 営業(インターネット広告・WEBサイト制作)→ 代理店営業(WEBサービス)
45歳 男性 新規事業開発 → 営業(ソフトウェア)

◇年収アップ例◇
27歳 男性 営業(コピー機・ハードウエアの営業)→ソフトウェアの営業 (年収:420万→468万)
29歳 男性 プロジェクトマネージャー・新規事業企画 →新規事業企画 (年収:360万円→516万)
30歳 男性 営業(証券/金融)→人材紹介の営業※小売・金融マーケット (年収:360万→400万)

これまで【キャリアチェンジ】【年収アップ】などといった、
幅広い転職軸に沿った、ご支援をさせていただいております。

◆自身の市場価値を知りたい
◆働き方を見直したい
◆年収を上げたい
◆キャリアチェンジをしたい

上記のように、やりたいことが定まらず希望が漠然としている状況でも、
その先を見据えることで、見えてくるものがあります。
転職理由や、叶えたい条件は人それぞれのご事情があるからこそ
一度、面談にてお話を聞かせていただければと思います。
みなさんの理想の将来像に近づくために今回の転職で何が最善の選択なのか
ぜひ一緒に考えさせてください。

どうぞよろしくお願いいたします。