• 急募

プロダクトマネジャー T2D3達成目前の事業を抱える急成長SaaS/プライム上場

Sansan株式会社

募集要項

仕事内容

■サービスについて
「Sansan」や「Contract One」を想定しておりますが、ご経験やご志向に応じ決定いたします。

■業務内容
Sansan株式会社では多くのサービスを提供しており、今後さらに新規プロダクトが増えていく可能性もあります。
当社では、法人向けサービスを提供する上で、Sales・Engineering・Productの3つの柱が非常に重要と考えています。
今後さらにProductの柱を力強く立てていくために、プロダクトの成長をリードできる人材が必要です。

プロダクトマネジャー(PdM)の大きなミッションは、そのプロダクトや新しい機能をマーケットにフィットさせることです。
そのためにユーザーの状況や課題を適切に把握し、リサーチを繰り返しながらプロダクトを提案、改善していきます。

▼業務の流れ
PMM(プロダクトマーケティングマネジャー)と協力し、プロダクトに関するフィードバック、データ、ユーザーのリサーチから、ユーザーの課題となる状況を洗い出す。
解決すべき課題に対して、モックアップなどを使ったユーザーへのインタビューを行い、提案した企画が実際にユーザーの課題を解決できているかを検証しながら、プロダクトデザイナーと共にプロダクトの改善案、新機能案を企画する。
提案した企画に対して、なぜそれをやるのか、なぜ必要なのかを開発メンバーにきちんと説明しながら合意形成し、開発の優先順位を決めてリリースまで対応する。
リリースした機能やプロダクトをどのようにユーザーに認知させ、使ってもらうのかをPMMとすり合わせながら利用を促進する。

■募集背景
Sansan株式会社では事業成長に伴って新たなプロダクトを次々とリリースしています。それぞれのプロダクトのフェーズは、立ち上げて間もないものからすでに成熟しているものまでさまざまです。
その中で、プロダクトそのものや新機能のPMF(プロダクトマーケットフィット)を目指し、より本質的にプロダクトを進化、成長させるためにマーケットにとことん向き合う組織へと変革してきました。
この組織を牽引し、新規プロダクトの立ち上げ・グロースや、メインプロダクトのリブランディングなど、即戦力として一緒にプロダクトの成長を担うPdMを募集しています。

勤務地

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F

年収

800万円 〜 1,500万円まで

給与・待遇

833万円 〜 1505万円
経験、能力等に応じて個別に決定します。

年収833万の場合
月額59.5万(基本給48.2万+時間外手当11.3万)

年収1505万の場合
月額107.5万(基本給87万+時間外手当20.5万)

※時間外労働の有無に関わらず月30時間相当分の時間外手当を支給します
※30時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給します
※試用期間(6ヵ月)中の条件変更はありません

休日・休暇

・土日祝日
・年末年始休暇
・有給休暇

応募資格

■応募資格(必須)
【必須】
プロダクトマネジャーとしてプロダクトに向き合い、企画・改善をしてきた経験
ユーザーとの対話やリサーチなどを通じてその課題をファクトとしてつかむ能力

【以下いずれか必須】
エンジニアとデータ設計や構造について対等に会話できるリテラシー
プロダクトデザイナーと共に、ユーザー体験を細部まで想像しながら議論できるリテラシー
Figmaなどを使ってワイヤーフレームを作成できる能力

■応募資格(歓迎)
SaaSプロダクトの開発経験やプロダクトマネジメント経験
SaaSのセールスやマーケティング、CSの現場での業務経験

雇用形態

正社員

企業概要

会社名

Sansan株式会社

会社概要・特徴

働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売

業種

インターネット・Webサービス

設立

2007年6月11日

資本金

67億48百万円

企業規模

1000人以上

更新日 2024/06/18
この求人を担当する転職アドバイザー
転職アドバイザー

株式会社ソマリ

上市 友也(カミイチ トモヤ)

  • 男性
  • 30歳
  • コンサルタント歴7年

気楽にお話をしていただくのが得意です!

■私の想い/ご支援方針
・可能性を見据えたご支援
・モヤモヤした想い⇨根気強いサポートで明確化
・転職に捉われないキャリア提案

★私はこんな思いを抱く方にオススメ★
【『入門編』のようなエージェントとまず話してみたい】
私は人と話すことや悩みを聞くことが好きで、持ち前の人当たりの良さから、気楽な気持ちで話していただくことが得意です!
あなたのそのモヤモヤした思い、まず私と話すことで少し具体的なキャリアイメージに変換してみませんか?