知的財産・意匠商標

募集要項

仕事内容

【職務概要】
知的財産部の意匠・商標課において、商標の出願と権利化業務、事件対応の実務担当、意匠の出願と権利化業務、事件対応の実務、模倣品対策業務の実務などをご担当いただきます。

【具体的な渉外課の担当業務範囲】
・国内外商標の調査業務(商標DB操作、類否判断等、調査に必要な業務全般)
・国内外商標の出願・権利化業務(国内案件は自社処理、外国案件は特許事務所と連携した出願・中間処理業務)
・国内外意匠の出願・権利化業務(国内案件は自社処理、外国案件は特許事務所と連携した出願・中間処理・権利維持業務等)
・意匠、商標に関する契約業務
・意匠、商標に関する事件、紛争対応業務(侵害事件、ライセンス対応等)
・模倣品対策業務(中国他各国における模倣品対策業務、税関対策等)

【部門業務特徴と本ポジションへの期待】
知的財産部は特許1課、特許2課、渉外課、意匠・商標課で構成される20名強の組織です。
意匠・商標課は課長以下4名で構成されています。

当社知的財産部では、会社が新たな中期計画のもと新体制として展開していく中、適切なブランドライセンス管理、ブランドの強化、新たな製品分野におけるデザインの保護や活用のために、意匠や商標を的確に調査・判断したうえで出願し、権利を取得することが求められています。意匠・商標課の担当者として、デザイン部門や企画部門及び外国出願手続きを行う特許事務所と連携して出願・権利化を行い、活用できる意匠権、商標権を取得すること、またこれらの権利に基づき模倣品対策を行うことが主な業務となります。特に国内案件は内製化していることから、自分で調査、願書作成から中間対応、権利維持までしていただくことになります。商標に関しては専門のDBを使って調査し、類否や使用可否の判断を行っていただきます。

勤務地

本社/東京都文京区本駒込

年収

450万円 〜 700万円まで

給与・待遇

【労働契約】
雇用形態:正社員
賃金形態:月給制

出社頻度は、週1回程度となります。

予定年収:480万~700万
■前職年収、ご年齢、ご経験を考慮の上決定します。
■賞与:年2回(6月、12月)

【就業時間】
9:00~17:45(所定労働時間:7時間45分)
コアタイム:10:00~15:00
休憩時間:60分
時間外労働:有

【試用期間】
有(3か月)

【社会保険】
完備(健康・厚生年金・雇用・労災)

【福利厚生その他】
在宅勤務制度、財形貯蓄制度、企業年金制度(確定拠出年金/確定給付企業年金)、
団体保険、共済事業、等

休日・休暇

年間休日:125日
年間有給休暇:22日~25日
休日休暇形態:土日祝日、夏期休暇、年末年始 ※その他会社カレンダーによる

応募資格

【必須業務経験】
・企業(製造業)の知的財産部門での実務経験(目安5年以上)
・英語を使った実務経験

【歓迎する経験】
・国内意匠、商標出願業務に関する、自社での処理経験
・意匠及び商標案件の契約対応、譲渡交渉、事件・紛争対応等の経験

雇用形態

正社員

この求人を担当する転職アドバイザー

パイオニアウェルフェアサービス株式会社

森 俊介

  • 男性
  • 59歳
  • 転職アドバイザー歴1年

相談者の強みや個性を理解できるまでオンライン面談でやり取りし、求人企業に伝わる推薦書を作成します

いつも念頭にあるのは渋沢栄一の「論語と算盤」現代風に言えば人間性と経済ですね。仕事をする上ではいつもこのバランスを忘れないようにしたいと考えています。経済価値がとかく優先される社会にあって、まず自分自身が経済価値に偏らないよう、ときどき読み返し感覚を修正しています。これまでの仕事で培った人的ネットワーク、人間の多面的な理解、筋を通す大切さを忘れずに求職者の皆さんの就職支援に関わっていきたいと考えています。
コロナ禍にあってコミュニケーションがとりにくいと考える方もいるかもしれませんが、オンライン面談や電話での面談などで十分に支援できるだけの情報をお伝え出来ます。まずはエントリーしていただき、そのうえでお気軽にご相談ください。